脈なし

気になる女性と興味のない女性では、やはり男性も接する態度が変わってきてしまうもの。

それはLINEでのやり取りにおいても一緒なので、脈アリかどうかをLINEのやりとりからチェックできるでしょう。

そこで今回は、男が興味のない女性に送る「脈ナシLINE」を紹介します。

脈なし

「返事と相づち」しか送ってこない

聞かれたことへの返事と、あとは相づちしか送ってこない男性は、あなたとの会話にあまり乗り気ではない証拠。

「うん」「へぇ」「そうなんだ」「わかった」なんて返信が多いのであれば、無視するわけにはいかないので、とりあえず相づちを打っているだけかもしれません。

どうでもいい相手だと、そもそも会話に集中できなかったりもするので、適当な言葉でごまかしてもいるのでしょう。

そのまま会話を続けても余計に面倒に思われるだけなので、無理に頑張ったりはしない方がいいでしょうね。

いちいち「時間が空く」

返信はしてくれるものの、毎回毎回いちいち時間が経ってから返信をしてくる男性は、遠回しに脈なしサインを出しているのかも。

好きな女性からのLINEだったら、余程の筆不精以外は男性だってなるべく早く返信をしたいと思うものです。

すぐに返信をしてしまうと、そこからそのまま会話がスタートしてしまう恐れがあります。

だからこそ、あえて時間を置いてから返信をすることで、無視にはならずに会話は避けられるという考えが働いている可能性も高いですよ。

「続けようとする姿勢」が見えない

好きな女性とは、いつまでもずっと話していたいし、少しでも長くつながっていたいと思うもの。

LINEで会話をしていて、男性にそういった姿勢が全く見られないのであれば、それはあなたに興味がない可能性が大です。

男性の方から、「じゃあまた」とすぐに言われたり、スタンプの返事で終わらせようとすることが多い場合は、あなたと会話を続ける気がありません。

必要事項さえ伝えたら終わりというのは、男性が何とも思っていない相手にする行為ですよ。

いつも「自分で始まり自分で終わる」

男性は特に用事もないのに、なかなかLINEを送ったりはしません。

でも、相手が好きな女性であったら、やはり気になってしまうので、これといった用事がなくてもLINEを送ったりしがち。

そういったことが一切なく、あなたの方からしかLINEを送ることがないのであれば、脈なしの確率も高いかもしれません。

そのうえ、いつもあなたの言葉で会話が終わることが多い場合も、男性的には会話を引っ張ろうとか、もっと話したいという気持ちがあまりない証拠でもあるでしょう。

やりとりがスムーズに続かないのは脈なしのサイン

男性は興味のない女性とは、無駄に長々とLINEを続けよとはしないはずです。

会話に乗り気な感じがしないことが多いのであれば、それは脈ナシのサインなのかもしれませんよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)