オシャレもメイクも頑張っているのに、なぜかモテない……なんて悲しいですよね。

でも、それはあなたの印象がよくないのかもしれません。

そこで今回は、あなたがいまいち「モテ」を実感できていないのはなぜなのか、一緒に考えていきましょう。

好感度アップ!モテやすい女性の特徴とは?

人と壁を作らない

「人と接するときに、顔がこわばっている女性がいると、ちょっと話しづらいですね。
人見知りだったりとか、性格はあったりすると思うんですけど、『そう』とか、一言で終わらされるとちょっと……。

どうしても話せないときは、最初に断ってくれるといいんですけどね」(Nさん・30歳男性/医師)

人見知りが重度の人も、それはそれで個性。

初対面の人に最初からフレンドリーに接するのって、ちょっと勇気が要りますし、場合によってはストレスを感じるかもしれません。

でも、口角をあげたり、眉間にしわを寄せないようにしたりなど、優しい表情でいるように意識するだけでも、良い印象を与えられます。

内心は緊張していても、それを相手に悟られないようできるといいですね。

相手を褒めて!

「(モテる女性の特徴は)褒めてくれること、じゃないですかね。

『オシャレですよね!』と褒めてくれたら、『今度、私とお洋服買いにいきませんか?』みたいな掘り下げた会話も、できると思います」(Hさん・26男性/保育士)

男性と、どんな話をすればいいか悩んでしまうこともあると思います。

そんなときはまず、相手を「具体的に褒める」ところからはじめてみましょう。

たとえば、「かっこいい」と伝えるのではなく、「何がかっこいいのか」を伝えるといいですね。

仕事の姿勢や、趣味など、なんでもかまいません。

そのとき履いている靴や、身につけている時計などでもOK。

話題を提供して、その話題を掘り下げることができると、話も弾みます。

ぜひ試してみてください。

話す内容より明るい声を意識

「話す内容というよりかは、僕は声のトーンが気になりますね。
緊張だとしても、ボソボソ話されたり、目を露骨に合わせてもらえなかったりは、すごく堪えるなぁ。

『嫌われちゃってる?』って思います」(Sさん・31歳男性/経理)

話す内容より、声のトーンや言葉選びが気になる男性もいるよう……。

ボソボソ話されたりすると、聞き取るのも難しいですから納得です。

あまり会話に前向きではない姿をみて、「嫌われた」と思う男性も多いみたいですね。

声のトーンは、明るく。

そして、言葉選びは、前向きな言葉をチョイスできるように意識したいところです。

前髪は目にかからないように

前髪は目にかからないように

「食事の時に髪の毛が唇についていたりすると、ちょっと好感度下がるかな……。
髪のつながりで言えば、前髪も気になりますね。

パッツンすぎたり、目に掛かるくらい長いと、目つきがキツく感じます」(Mさん・27歳男性/エンジニア)

好きなファッションを選ぶのは自由。

でも、恋愛を意識したいと思うならば、「似合うファッション」に切り替える方がいいですよ。

髪色に悩んでいる場合は、パーソナルカラーなど自分に似合うカラーを調べて、合わせてみるのも良いでしょう。

また、腕のいい美容師さんに、似合う髪型をヒアリングしてもらうのもオススメ。

自分が良かれと思ってやっていたオシャレ、実は似合っていないなんてことがあるかもしれません。

印象がいいとそれだけで可愛い

印象がいいとそれだけで話が盛り上がりますし、より「仲良くなりたい」と思うもの。

職場などで、今日から始められる印象アップ方法を試してみると、周りの男性の反応も変わっていくはずです。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)