「彼氏は欲しいけど、出会いの場に足を運んでも、うまく話せなかったりで……」

「ネットで知り合っても、実際会ったら会話が続かなくて……」

などなど。「リアルな出会いが苦手」だという意見、けっこう聞きます。

そこで今回は、リアルな出会いに慣れていくコツをご紹介。ぜひ試してみてください。

彼氏は欲しいけど…「リアルな出会いが苦手」を克服するには

気さくに話している友人を…

たとえば、対人のコミュニケーションを改善しようとすると、まずは「◯◯対話術」とか「コミュニケーション論」みたいな改善系の本を読むこともあるでしょう。

でも、実際に実践するのは、難しいですよね……

もちろん、そういう本を参考にするのも大切です。でも、一番のおすすめは、異性とも気さくに会話ができる友達のマネをすること。

その友達が、異性と話すとき、どんな会話得推しているのか。相づちやリアクションはどう取っているのか、をみてみましょう。

そして、それをそのままマネしてみてください。初めはぎこちないかもしれませんが、大体の男性は、あなたの会話のぎこちなさをバカにしてくることはありません。

あなたと話したい気持ちがあるはずだから、きっと大丈夫です。

友達のマネを実践していけば、徐々にリアルな出会いにも慣れていけます。やり続けることが大切です。

返し・質問上手になって…

飲み会やデートのとき、何を話したらいいかわからず、悩んでしまうこともあるかと思います。

「また話せなかったらどうしよう」という不安から、余計に自然に話せなくなったり……。

そんなときは、考え方を改めていきましょう!

話すのが苦手なら、自分からたくさん話さなくていいし、芸人さんじゃないので、スベらない話をしようと頑張らなくていいんです。

返し・質問上手になって会話を成立させるようにしましょう。

たとえば「そのワンピース素敵だね」と褒められたときは「ありがとう」で終わらせるのではなく「ありがとう。あなたのジャケットも素敵!」など、ひと言添えて返すといいですね。

お互いに、気持ちも良くなり、会話が弾みやすくなります。

相手の趣味や、ハマっていることなどを質問しながら掘りさげて、相づちを打って聞くと、会話上手になれますよ。

とにかく場数を踏む!

とにかく場数を踏む!

あとは、とにかく場数を踏みましょう。

たとえば、LINEや文字ばかりのコミュニケーションに頼らず、できる限り実際に話すこと。

LINEは、返答するための考える時間があります。でも、リアルな出会いはすぐに返答しないといけませんよね。

たまの飲み会だけじゃそんなに上達しない場合は、興味のあるサークルに入る、友達とオフ会に参加するなど、プライベートで会話をする機会を増やすのがおすすめですよ。

徐々に慣れていけばいい

会話が苦手だと、リアルな出会いが苦手になってしまうかもしれません。

でも、場数を踏んで、会話上手な人のトーク術をマネたり、返し・質問を意識したりしていけば、徐々に慣れるでしょう。

苦手意識が克服されたら、リアルな出会いが楽しくなって、彼氏もつくれるはずです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)