既読スルー

既読かどうか分かるだけに、彼からの返信の早さが気になってしまうLINEのやりとり。

そのため、いつも返信が遅い彼は、私に興味がないのかも?と思ってしまいがち。

でもそれ、忙しさじゃなくて面倒臭さのせいだとしたら?

「この子のLINE、めんどくさっ」と思われがちなパターン、見ていきましょう。

既読スルー

「何してるの?」

「彼女でもないのに『いま、何してるの?』だけ聞いてくる女の子って面倒です。最悪『テレビ見てた』とか返してもスルーして全然違う話をしてくるコもいるし、詮索されている感じも嫌いです」

「会話のきっかけに」「彼も忙しいかもしれないから」など、女子からすれば様子見や気遣いのつもりで送りがちなフレーズですが、言葉が足りないと「めんどくさいコ」と思われます。

「今何してるの?時間があったら電話していい?」のように、彼が今何をしているか知りたいのはなんのためなのか、ひと言添えてあげると彼も返信がしやすくなります。

自分の日記

「『今日は寝坊しちゃって、遅刻かな、ヤバいなーと思って会社に急いでいったら、上司も電車が遅れててセーフだった!』的な日記を送ってくるコ、困ります。いや、送ってもいいけど反応しないと『どうしたの?忙しいの?嫌いになった?』ってネガティブ方向に傾くのが一番面倒かも」

「ヒマ?」と聞くのはさすがに感じが悪いけど、かまってほしいのにネタが無いときつい送ってしまいちな「日記系LINE」。

とはいえ、特にオチのない日常生活ネタは、彼的にもスタンプひとつで返したり、「よかったね」くらいしか反応しようがないことも。

女子のように「ただ共感して終わる」ということが苦手な男性も多いので、投げっぱなしにしない配慮が必要です。

意識高い朝の挨拶

「朝から意識高い内容を送ってくる女子、疲れちゃいます。『今日も笑顔でがんばろ!』くらいならまだいいけど、食べ物に気を遣えとか向上心を持てみたいな説教、『すべての出会いに感謝』とか、朝の挨拶なのにやたら意識の高い内容は、僕にとっては負担です」

前向きな女子はステキですが、いちいち文章にして押し付けてくるのは勘弁……。

「常に意識高くあろうとして他人への目が厳しくなるのか、LINEがポジティブなコに限って、会うと他人の悪口が多い」という意見もありました。

意識の高さ、ポジティブさは自分がさりげなく心がけておくだけにしたほうが良いでしょう。

スタンプだけ

「スタンプだけ送られても反応に困るし、そもそも返信って必要ですか?あと、どうしても既読をつけさせたいのか、本文のあとにすぐさまスタンプだけを押してきて、本文をプレビューから読めないように邪魔してくるのもセコくて嫌いです」

スタンプ自体にメッセージ性があるものでも、それだけでコミュニケーションが完了するほどの情報量はありません。

結局連絡して会話を広げてあげなくてはいけないので、負担に思う男性も。

また、突然自撮りだけを送ってくるのもスタンプ以上に反応に困るそう。

スタンプも自撮りも、文字でのやりとりにプラスしたほうが「何がしたいの?」と面倒がられる危険性は大幅にダウンします。

「無視できない、でも、何を求めているのか分からない」と思わせないようにしたいものです。

SNS監視

「『返事がないのはいいんだけどさ、Facebookは更新してるんだね』とかさ、いいと言いつつ絶対いいと思ってないよね?」

SNSができるなら、友達にはLINEする暇があるなら、ごはん食べにいくヒマがあるなら、トイレに行くヒマがあるなら……彼からの返信の遅さに耐えきれなくなると、彼の行動を監視して「そんなヒマがあるなら返信してよ!」と文句をいいたくなってしまうのもわかります。

でも、返信がないのは時間がないせいとは限りません。

「返したくなるLINE」じゃないせいかも。スマホは触れる時間があるのに、返信が来ない時はあなたとのLINEが、彼の息抜きや楽しみにならず、SNSに癒しを求めている可能性を疑ってみましょう。

LINEに重点を置きすぎない

既読が分かる仕様は便利ですが、それだけに返しに困るLINEはより面倒くさく感じます。

LINEでのコミュニケーションに重点を置きすぎず、気楽に構えることで彼からの返信が早くなるかもしれません。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)