皆さんは好きな人に何気なく発した一言で、空気をガラリと変えてしまった経験はありませんか?

男性は意外に傷つきやすい生き物で、少しの言葉にも敏感に反応してくることもしばしば…。

しかし、中には「こんな発言が?」と言う事が、相手の気持ちを変えてしまう原因になっているかも?

そこで今回は、男性が女性に言われると思わず冷めてしまうNGワードを、3つご紹介していきたいと思います。では早速見ていきましょう!

1、「かわいい!」は男らしさから程遠い?

女性同士で、男性の行動や仕草に思わず「可愛い!」と言ってしまう事って良くありますよね。

男性を馬鹿にしているつもりはなく、母性本能をくすぐられると言った感覚でこちらは話していても、相手は良い印象を受けていません。

むしろ、その言葉は完璧な「NGワード」なのです。なぜなら、男性は好意を抱いている女性には「男らしい」とか「頼りがいがある」など、強いイメージを持って欲しいと考えているからです。

そんな場面で女性から可愛いと言われてしまうと、どうしても上から目線でものを言われている気分になりやすいんだそう…。

ですから、もし可愛いと感じても心の中で思う様にして、その気持ちは態度や仕草で表現してあげた方が相手も「愛されてる!」と感じる事ができるでしょう。

2、「それ知ってる!」はガッカリワード第1位

やはり、女性の方が流行やトレンドに敏感ですから、情報収集をしたり女性同士で情報を共有したりしますよね。

そんな事が当たり前だと、男性が紹介してくれた物事に「それ知ってる!」と言ってしまいがちです。

そう言われてしまうと、男性側も相手を驚かせたり喜ばせたりしようとした気持ちを、折られてしまいます。

折角の情報は「知ってる!」の一言で、一気に相手をガッカリさせてしまうでしょう。

ではどうすれば男性をガッカリさせずに済むのか…結論から言えば「知らないフリをしてあげる」のが一番です。

男性が教えてくれた物事を知っていても、知らないフリをして喜んだり、興味を持ってあげたりすれば、相手も気分良く会話を進めてくれます。

男性は自分の知識を披露したがる生き物ですから「こんな俺すごいでしょ?」なんてあなたに褒めてもらいたいのです。

そんな時はわかっていても、相手を褒めてあげるのが男性の株を上げる行動に繋がると言えるでしょう。

3、「あの子可愛い?」は一番反応に困る…

男性が女性から言われて最も困る言葉、それは「違う女性と自分を比較」した発言です。

どうしても男性の好みのタイプが知りたい気持ちが分かりますが、その発言によって男性は戸惑ってしまうのだそう。

と言うのも、もし仮に好みのタイプでも「好きなタイプ」と言ってしまえば、女性が拗ねたり機嫌が悪くなったりなんて事になりかねません。また興味が無い態度をしても、疑わないかと落ち着かないのです。

女性側の心理としては、純粋に彼の好みを知りたいのかもしれませんが、これは相手を困らせてしまう発言なので、なるべくしない事をオススメします。

心当たりがあれば気をつけよう

男性が言われると思わず冷めてしまうNGワードに、心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

もし、このような発言で失敗したかもと感じた方は、今日から早速発言に気をつけて生活してみると良いかもしれませんね。(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)