誰でも相手に言えない秘密を持っているものですが、逆に、本当に大好きな相手にだけはむしろ教えたい秘密を持っているものです。

その秘密の内容は、男性によってさまざまですが、干支別に探ることができます。

男性の干支別に、男性が本命女子だけに言える「ヒミツのこと」を占います。

男性が本命女子だけに言える「ヒミツのこと」

子(ねずみ)年生まれ…自分のお金の流れ

日常の小さなことをいつも気にしている、せっかちでコマメな子(ねずみ)年の男性。

財布の中の小銭から来月のカードの引き落とし金額まで、心配は尽きません。

本命女子には、自分に関するお金の流れをこっそり教えて、共感やアドバイスを欲しがるでしょう。

細かくても引かないように。

丑(うし)年生まれ…自分のビックリな趣味

おしゃべりをするのも目立つのもあまり好きではないため、結果的に聞き役に回りがちな丑(うし)年の男性。

自分の意見や趣味嗜好を発言することも少ないのですが、さすがに本命女子には自分の趣味を教えます。

しかも、マニアックすぎてびっくりするような趣味であることが多いでしょう。

寅(とら)年生まれ…もらい物への文句

テンションの振り幅が大きい、情緒豊かな寅(とら)年の男性。

普通の人付き合いでは遠慮して言わない、プレゼントやお土産に対する文句を言ってしまいます。

本命女子だからこそ包み隠さず言うべき!と、盛り上がって言ってしまうのです。

ちなみに、悪気がすごくあるわけではありません。

卯(うさぎ)年生まれ…傷ついた出来事

物ごとを深刻に考えないイメージの卯(うさぎ)年の男性。

たしかにいつも陽気で、愚痴を言うにしても明るく冗談交じりな感じです。

でも、本命女子には、本当に傷ついてしまった出来ごとを「他の人には内緒ね」と話すでしょう。

また冗談?と、軽くスルーしたりしないように。

辰(たつ)年生まれ…やっかいな体質

男らしい辰(たつ)年の男性は、自分の弱みを外に出さないようにするタイプです。

特に体の弱い部分や、やっかいな体質については隠そうとしがち。

でも、本命女子にはわかっていてもらいたい&さりげなく気を使ってもらいたいという、カワイイ心を持ち合わせています。

巳(へび)年生まれ…過去の恋愛

巳(へび)年の男性は秘密主義で、ちょっと仲良くなったくらいの人には、自分のことを言いません。

特に、過去の恋愛のことなんて貝のように口を閉じて言いませんが、本命女子には「〇〇な女性が好きだった」「ファーストキスはいつだった」と、時効なことから少しずつ言い始めるでしょう。

午(うま)年生まれ…フェチの内容

体育会系男子のノリがある午(うま)年の男性。

性欲も強めで、女の子好きなことが多いでしょう。

それでも、ちょっと変わったフェチの内容は、本命女子にしか言わないようにしています。

できれば、一緒にそのフェチを楽しんでほしいと期待しているのです。

未(ひつじ)年生まれ…給料の額

未(ひつじ)年の男性は誠実なので、本命女子だけには自分の給料の額を教えて、無理なく付き合っていきたいと考えます。

繊細で気が小さいなりに、自分を大きく見せようとするところがあるため、ボーナス額や副業については、少しだけ盛ってしまう場合もあるでしょう。

申(さる)年生まれ…経験した女性の人数

申(さる)年の男性は流行に敏感で、恋愛テクニックもあるしモテるほうだと自負しています。

自信家なところがあるのです。

そこで言ってしまう秘密は、経験した女性の人数。

これを言っても本命女子は、離れていかない、むしろ経験豊富だと褒めてくれると思っているのです。

酉(とり)年生まれ…趣味にかけているお金

プライドが高く、いろいろスキルも高い酉(とり)年の男性。

ハマるとトコトンこだわる性格なので、趣味には半端ない金額をかけていがちです。

あまり人に言うと面倒なことなると思っていて言わないのですが、本命女子には自慢したい気持ちもあり、その金額を言うでしょう。

戌(いぬ)年生まれ…ファッションやメイクへのツッコミ

女性のファッションやメイクに対するツッコミは、怒られるのがオチなのでわざわざ言ったりしない、安全志向の戌(いぬ)年の男性。

でも、本命女子にはアドバイスの気持ちも込めて、「その髪型いまいち」「その香水キライ」と秘密にしていたダメ出しを言ってしまいます。

亥(いのしし)年生まれ…自分の見た目の悩み

亥(いのしし)年の男性は、とっても素直。

思っていることをわりとすぐ言ってしまう傾向があります。

でも、言いたいけれどなかなか言い出せないのが、自分の見た目の悩み。

足の長さや頭髪、歯並びなど、さりげなく隠している秘密ですが、本命女子だけには言うのです。

さいごに

本命女子だからこそ、言ってもらえる彼の秘密。

打ち明けられて「うれしい!」と思うか「マジで…」とドン引きするかはあなた次第ですが、彼が勇気を出して言ってくれたことに変わりありません。

そこは優しい気持ちで聞いてあげましょう。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)