彼女がいる・いないにかかわらず「女性にモテたい」と考える男性は多いです。

ときには「この子には好かれていたいな」と思う女性に、思わせぶりな態度をとる場合も……。

本気の好きではなく「ただ女子の気を引ければオッケー」と考える男性がしがちな行動をまとめました!

女性に「好きになってもらいたいだけ」の男性がとる行動

最初は押しが強い

「まったく僕に気がなさそうな女の子は、そもそも気にならないので何もしません。可愛くて、僕にもちょっと気がありそうな感じなら、はっきり好意を出します。

“いい男”どまりじゃなくて『好き』って思われたいので。

だから、『イケそう!』って思うと『LINE交換しよう!』『デートしよう!』ってグイグイ押します。

たとえば飲み会なら、一次会終わりまでに印象に残らないと、次はないって思いますね」(25歳・男性)

「とりあえずこの子に好かれておきたい」気持ちは、友達になってからより、出会ってすぐのシーンで起きやすいようです。

男性は女性の好意を感じると、「とりあえず好かれた状態をキープしておき、あとからどうするか考えたい」という場合も。

女子をその気にさせるだけが目的なので、自然と押しが強くなります。

最初からグイグイ来る男性は「本当に自分を好きなのか」を考えて、勢いに飲まれないようにしましょうね。

「可愛い」「好き」を簡単に言う

「こっちが完全に好きになっちゃった女の子には『可愛い』『好きかも』とか言えないですよね。自分が本気になって動けなくなる前に、どんどん褒めて、好意を見せるよ。

そうすると女子のほうから本気になって押して来てくれることもある。デートしてみてよさそうだったら、まじめに考えればいいし」(26歳・男性)

本気で好きになった女性には何もできないのに、「ちょっといいかな」レベルの子にはグイグイいけるという男性もいます。

その他、
「一度、女性をその気にさせておけば、そっけなくした瞬間に追ってきてくれる」
「まずは女子とのデートにこぎつけないと、付き合うも何も判断できないから、スタートラインに立つため」
と強引に押す男性もいるようです。

ただし、必ず遊び目的というわけでありません。いいなと思う男性が相手なら、冷たくあしらいすぎないでくださいね。

会うと優しいが、連絡はマメじゃない

会うと優しいが、連絡はマメじゃない

「まだ本格的に好きになってないときって、デートではその子にやさしくできるけど、普段からマメにLINEしたりはできないかな。

会ってる間は好きにさせたくて頑張るから、気持ちがこっちに向いてきてるのがわかると安心しちゃうというか」(24歳・男性)

好きになってもらいたい女性の心が、自分に向いてきているのがわかったり、デートにこぎつけれると、安心してしまったりする男性もいます。

会っているときは頑張るけど、会わない間は忘れがち。

そんな気持ちの読めない彼を見て、焦った女性が必死になり、ますます彼の立場が強く……なんてこともあるようです。

そんなときは必死で追いかけずにいましょうね。彼の押しが強くなる時期がきますから。

ちゃんと付き合いたいと思うなら、彼の機嫌の波を乗りこなすことが大切ですよ。

“イコール遊び”とは限らない

女性に「好きになってもらいたいだけ」の男性の行動は、一見熱意がありそうに見えますよね。

女子の恋愛の経験が少ないと、うっかり夢中になってしまう可能性が高いです。

一方、「なにこれ?遊ばれてるってこと?」と感じる女子も多いはず。

でも、完全にあなたを“遊び相手”と思っているとも限りませんよ。「好きになってもらいたい」は、形勢逆転もできるということ。

「遊びでしょ?」とやさぐれず、いったん冷静に対応してみましょうね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)