出会いはあるのにデートのチャンスが巡ってこない……そんなふうに、多くの20代女性たちが嘆いてます。

でも、気になる人が「デートしたい」と思えるような、押しが足りてない可能性があります。

若さは武器。なにもしないでじっとしているだけでは、せっかくの出会いを無駄にしてしまいますよ。

今回は、20代女子におすすめのデートにつながるモテ言動をご紹介いたします。

食べるの大好きアピール

男性の多くは食べるのが好きなため、「よく食べる」女性に共感して惹かれます。

食べ物の話は、話題にもしやすいので、なにげなく「食べるの大好きなんだ!」「それ食べてみたい~」など、食事が大好きなことをアピールをしましょう。

食べるのが好き=一緒に楽しく食事ができそう、といった印象をもってもえるように意識してください。

「じゃあ今度一緒に行こうよ!」「食事に行かない?」と男性が食事に誘いやすくなり、デートに発展すしますよ。

彼の趣味に興味を見せる

彼の趣味に興味のある態度を見せると、デートに誘われる確率はアップします。

たとえば「じゃあ一緒にやってみる?」「今度一緒に行く?」といった流れにもなりやすく、共通の話題を増やすきっかけにもなるので、一石二鳥です。

彼の趣味に関心がない場合は「全然知らないから勉強になる!」「無知だからもっと教えて!」と、興味のある態度を見せるとよ

男性は「もっとあなたと一緒にいたい!」と思い、デートにもつながるでしょう。

SNSで遠回しにアピール

好きな人とSNS上でつながっているなら、さりげなく特別な人がいないことをアピールしておくことも大切です。

充実している姿を見せることは、印象アップの可能性もありますが、「リア充過ぎてデートに誘いにくい……」と思われてしまうことも。

暇な時間が増えている。〇〇に興味があるけどボッチで行く人がいない。――などの内容をSNSに投稿すれば、誘われやすい隙をチラ見せできますよ。

ただし、あからさまな隙を見せるのは、わざとらしくなるので気をつけて。

あくまでも自然な雰囲気で、SNSを活用してアピールしましょう。

素直に「〇〇に行きたい!」

素直に意思表示する女性は、男性から見て「わかりやすい」「ほっとする」といった印象になります。

モテるうえでも、「素直さ」はとても大切なキーワードです。

でも、素直に「デートに行きたい」とは、なかなか恥ずかしくて言えませんよね。

そんなときは「その映画気になる!」「あのお店に行きたい!」など、「〇〇に行きたい!」という提案ならしやすくなるかも。

「デートに誘いたいけれど、きっかけがつかめない」という男性も多いもの。

恥ずかしがらないで、素直に「行きたい!」「あなたのこと、気になるの……」と伝えてみてください。

そんなあなたのかわいらしい様子を見たら、男性も誘いやすくなりますから。

おわりに

自分からデートに誘えなくても、ちょっとした行動がデートにつながるのはよくあること。

積極的にお誘いすることだけが、アプローチではありません。

20代だからこそ魅力的に見える「押し行動」で、デートにつながるきっかけを作っていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)