無意識のうちに男性の自尊心を傷つけてしまう人、実はけっこう多いんです。

せっかく仲良くなったのに進展が途絶えた。付き合ったのに長続きしない……そんな経験はありませんか?

悪気はなくとも、ちょっとした言動で、男性のプライドを傷つけているかも。

そこで今回は、「男性の自尊心を傷つけてしまう“ついやりがちなNG言動”をまとめました。

いい加減にして…!男性の自尊心を傷つける言動とは?

彼の行動を否定する

彼の行動を否定する言動は、男性の自尊心を傷つけてしまいます。

思ったことを素直に言い合える関係は親密な証拠ですが、だからこそ遠慮ない言葉をつい言ってしまっているかもしれません。

「センスない」「ダメじゃん」などの言葉は、特に男性のプライドを傷つけてしまうものです。

価値観の違いから、彼の行動にケチをつけたくなることもあるでしょう。でも、頭ごなしに否定しては、彼の心を傷つけてしまいます。

どうしても注意したいときは、彼の非だけ注意してみてください。自分が言われてイヤだと思うことは、彼だってイヤなはずです。

人格や性格そのものを否定しない言葉選びを心がけましょう。

周囲と比較してダメ出し

他人と比較してダメ出しするのも、あまりいい気持ちにはなりませんよね。

男性はとくに競争意識が強いので、周囲と比較されると、屈辱を感じてしまうこともあるようです。

彼のイヤな部分が目に付いても、周りと比べないようにしたいもの。ほかの男性を過度に褒めるのも、自信をなくしてしまうので気をつけておきましょう。

劣等感を与えてくる人から離れたいと思うのは当然のこと。彼のコンプレックスを刺激する言動をなくせば、長続きする関係になれますよ。

意見を全く尊重しない

意見を全く尊重しない

彼に甘えたくて、多少わがままになることもあるでしょう。

でも、なんでも自分の意見を押し通して、彼の意見を聞かないのは、自尊心をじわじわ傷つけることになります。

自己主張するのも大切ですが、彼の意見を尊重しているかどうか振り返ることも忘れないでね。

「自分の意見を聞いてくれない」
「自分の意思は無視される」

といった態度は、彼を寂しい気持ちにさせてしまうかもしれません。

あなたと一緒にいることへの疑問にもつながり、気持ちが冷めてしまいかねないので、気をつけましょう。

なんでも許されると思う

筆者は、過去に心優しい彼氏になんでも許されると甘えてしまい、愛想を尽かされてしまった経験があります。

その経験から、彼がどうせ怒らないから……とわがままになるのは、相手を都合よく見ているのと一緒だと気付かされました。

同じような経験は、誰にでもあるのではないと思います。

なんでも許されるからと言って、相手への気遣いを忘れてしまうと、関係はそう長く続かなくなってしまうでしょう。

優しさを「当たり前だ」と思わないことも、愛され続ける秘訣だと言えますね。

おわりに

男性の自尊心を傷つける言動がわかれば、男性のプライドを立てられる女性になれます。

誰だって、自信を与えてくれる人と過ごすほうが心地良いですもんね。

男性が嫌う言動を避け、一緒にいたいと思われる女性を目指していきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)