男性にモテる雰囲気を手に入れたい。でも、自分が「かわいい」と思う服やメイクで着飾っても、なかなか男性ウケしない……。

こうした悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、男子が思う「かわいい」と、女子が思う「かわいい」の違いをピックアップしてみました。

実は、両者の間には大きな差があるのです。

自分が思う「かわいい」を演出しても、それがなかなか男性に伝わりきらない理由をご紹介していきます。

あなたは知ってる?男子の「かわいい」と女子の「かわいい」の違い

(1)素直な性格と、作られた性格

女性は、「ちょっと抜けたフリをしたり、ドジっ子を演出したりした方が、男性にかわいいと思われる」と考えがち。

なんでも完璧にこなしてしまうと、男性からかわいく思われない……というイメージを持っている女性も多いと思います。

でも男性にとってかわいいのは、素直な女性。作られたドジっ子ではなく、等身大のあなたを見せるほうがかわいさはアップします。

無理な演出をしても、時間がたつにつれてボロが出てきてしまうので逆効果です。

ありのままの飾らないあなたを見せることが大切です。仕事ができて、賢くて上等じゃないですか。

できることはできる、できないことはできないと、素直にそのままの自分で向き合ってみましょう。

(2)気持ちのこもった笑顔と、作られた笑顔

笑顔な女性はモテるというのは、よく聞きますよね。

ですが、どんなにたくさんの笑顔を見せていても、それが“作られた笑顔”では男性に見抜かれてしまいます。男性にとって“かわいい”笑顔とは、気持ちのこもった笑顔。

大事なのは笑顔の量ではなく、ズバリ“質”です。

心から「楽しい!」と思っているときの笑顔は、とても魅力的です。親しみやすさを与え、印象づけることができる最強の武器になりますよ。

誰にでも見せる八方美人な笑顔ではなく、気持ちが入っている笑顔こそ、男性にひびくのです。

(3)似合うファッションと、作られたファッション

(3)似合うファッションと、作られたファッション

ファッションの役割は、あなた自身をより魅力的に見せること。

そして、けっきょくのところ、あなた自身が好きなファッションがいちばんあなたを輝かせます。

お気に入りの洋服を着ているとき、好きな色のリップをつけているとき、気分が上がって気持ちも明るくなり、笑顔も増えるはずです。

無理に男性ウケをねらったファッションで着飾らないことが大事です。

自分が好きではない服やメイクをしても、あなた自身の魅力がかき消されてしまうかもしれません。

ありのままのあなたの魅力を引き出せるのは、あなた自身の“お気に入り”だけ。

大好きな服を着て、メイクをして、嬉しそうにしているあなたが、男性にとってかわいく映るのです。

おわりに

男性が「かわいい」と感じるのは、作られたものではなく自然なもの。

無理にかわいさを演出しようとせずに、そのままのあなたの魅力を全面に出してみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)