気になる男性が「元カノ」の話をし始めたら、なんとなく嫌な気分になることでしょう。

そういった気持ちでそんな話をするのか、男性の真意もかなり気になるはずです。

そこで今回は、男が「元カノの話」をする理由を紹介します。

嫉妬させたいのかも?男が「元カノの話」をする理由

「なんとも思っていない」証拠

別に未練などは一切なく、今となっては特になんとも思っていないからこそ、元カノの話が平然とできるという場合もあります。

そういった男性は、ただの思い出話や過去の経験談などを語る感じで、元カノのことも話題に出したりするかも。

何のためらいもなく当たり前のように話すのなら、恐らく本当に深い意味はないのでしょう。

過去の自分のことも知ってほしいというだけの可能性もあるので、変に疑ったりはしすぎないほうがいいですよ。

“嫉妬”をさせたい

彼女とか好きな女性に対しては、男性も「嫉妬をさせたい」という気持ちが芽生えることもあるもの。

嫉妬は愛情の裏返しでもあるので、それによって自分への思いを感じたかったりもするのでしょう。

嫉妬をさせるには、他の異性の存在を匂わせるのが一番手っ取り早いもの。

他にも気になる女性がいるとは思われたくなにので、もう別れた彼女の話をするのかも。

好きだからこその行為とはいえ、あまりいい気分はしないですよね。嫌なら嫌だとはっきりと言ったほうが、男性も考え直してくれるはずですよ。

“嫌なこと”を教えたい

“嫌なこと”を教えたい

元カノの話をする際に、元カノの嫌だったところや、されて腹が立った話などをしてくる場合は、そこにメッセージは秘められているのかも。

「俺はこういうことをされたくない」とか「こういうことをする女性とは付き合えない」という思いを、あなたに伝えようとしているのでしょう。

それは裏を返せば、あなたのことを彼女候補として意識しているという証拠でもあります。

元カノの話を聞くのはいい気持ちはしないでしょうが、褒めたり思い出に浸ったりするのでなければ、未練があるような可能性は低いはずですよ。

全く意識をしてない

異性として全く意識をしていない女性には、元カノの話だって気軽にできるもの。

そもそもあなたと付き合いたいといった気持ちがないので、気遣いをすることなく話せるのです。

「可愛い子だった」とか「やさしくて最高だった」なんて言ってくるのなら、「いい女と付き合っていた自慢」がしたいだけなのかも。

それはもうあなたのことを、仲のいい男友達のひとりのような存在として捉えているから取る言動とも言えるでしょう。

おわりに

「元カノ」の話は、必ずしも未練があるからするわけではありません。

むしろ、なんの未練もないからこそ、普通に話せるというケースもあるので、すぐにがっかりしなくてもいいかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)