当たり前ではありますが、付き合う前に「重そうだな」と男性に思われたら、交際までは発展しにくいもの。

女性のどういった言動に「重い」と感じるものなのか、ちゃんと知っておくことも大事です。

そこで今回は、付き合う前から「重い」と感じる女性の特徴を紹介します。

「SNSチェック」を怠らない

気になっている男性のSNSをチェックするというのは、誰しもがやってしまう行為ではあるでしょう。

でも、こと細かく目を通していることが相手の男性に知られたら、間違いなく引かれてしまいます。

全てにいいねをしてきたり、いちいちコメントを書き込まれたりしたら、ちょっとした恐怖心すら抱くかも。

SNSは仲良くなるきっかけにもなりますが、距離感を誤ると嫌われる原因にもなるので、まるで監視をしているかのようなことはしてはいけませんよ。

「尋問」が多い

「昨日は誰と遊んだの?」「休日はいつもどこにいるの?」「飲み会に女の子もいたの?」。

こういった質問というよりももはや尋問に近いようなことをされることが多いと、男性は次第に嫌悪感を抱くようになるもの。

探りを入れられているような感じもするので、自然と警戒心だって持ち始めるはずです。

いくら気になっても、さりげなく聞く程度にしないと、どんどん距離を置かれてしまうでしょうし、「絶対に彼女にはしたくない」なんて思われることにもなりますよ。

自分が「最優先」じゃないとすねる

常に自分が中心の状態じゃないと気が済まないタイプの女性は、男性が最も面倒に感じる女性でもあります。

自分よりも他のものが優先されたときに、すねたり怒り出したりするのは、男性からすると最悪の行為。

「こんな子と付き合ったら大変なことになるな」と強く思うでしょうから、確実に恋愛対象外にもされてしまうでしょう。

自分が最優先で当然と考えるのではなく、自分のことを優先してくれたときに喜ぶようにすると、その可愛らしさに男性はキュンとなるものですよ。

女友達に「嫉妬してくる」

仲のいい女友達に対して、必要以上に嫉妬をされると、男性としては鬱陶しく感じるもの。

彼女でもないのにそんなことをされる筋合いもないので、イライラだってするはずです。

そもそも男性が「かわいいな」と思うのは、女性がちょっとしたヤキモチを焼いたときです。

嫉妬心が強すぎると男性は身構えてしまいますし、束縛や干渉が激しくも見えるので、「付き合ったら重いだろうな」と思われるだけでしょう。

おわりに

「好き」という気持ちが一方的に強くなっていくと、相手は引いていってしまうものです。

重く思われるような愛情のぶつけ方はしないように気をつけないと、男性は離れていくことになりますよ。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)