交際中に問題が起きたときは、お互いさまな原因も少なくありません。

でも、だんだん遠慮がなくなり「○○してほしい!」と、彼に求めすぎちゃう女性に男性はげんなり……。

一方で、彼女の優しさが垣間見えると、男性もありがたみを感じるようになるもの。

そこで今回は男性が彼女に「救われた~!」と思った瞬間についてご紹介します。

同じことを蒸し返さない

「ケンカを蒸し返さないところ。元カノは何かあるたびに『あのときは遅刻してきたしさ~!』と、終わった話をするからイヤだった」(32歳/販売)

多くの女性は細かいこともしっかりと覚えている傾向にあるため、根に持ってしまう気持ちもわかります。でも蒸し返したところで、さらに話がややこしくなるだけ。

最悪の場合、彼が愛想を尽かしてしまうかも。

一度謝ったのなら、その話はもうおしまい。次に進んだほうが、彼も将来のことを考えられますよ。

些細なことで幸せを感じてくれる

「金欠で回転寿司やファミレスデートになっても、『おいしい~!』と喜んでくれる。ありがたいし、一緒にいて楽しい!彼女といると明るい気持ちになれますね」(28歳/営業)

女同士でも「ファミレスはヤダ!」って言う人、いますよね。場の雰囲気が悪くなり、みんなで必死にお店を探すハメになったり……。

どんな状況だろうと楽しめる子は、男女問わず愛されやすいです。

特に金欠時は、「彼女がお金がないことを理解してくれて助かった~!」と思うもの。

単純にデートにケチをつけてばかりだと、彼から誘ってもらえなくなりますよ。

好きな人となら、一緒にいられるだけで幸せですよね。

「○○してくれなきゃ嫌だ」「もっと高いお店に行きたい」と思うのであれば、彼のことはそこまで好きじゃないのかも……。

精神的に参っているときに支えてくれる

彼女に救われた…男性の本音は?

「仕事がうまくいかず落ち込んでいたときに、彼女がよく会いに来てくれました。ふたりでいると少し気が紛れましたね。その後、無事に転職もできました。彼女のおかげです」(30歳/食品)

あとはベタですが、精神的に弱っているときに支えてくれる女子。でもこれって簡単なようでいて、意外と難しいんですよね……。

彼女も弱り気味だと彼に引きずられてしまうし、逆に気が強すぎても「こんなことで悩んでバカみたい!」と彼に寄り添えないですし。

ただ放っておくべきか、それとも親身になったほうがいいのかは、彼の性格や状況によって異なります。

こちらは臨機応変に対応していきましょうね。

おわりに

彼を思いやる優しさがあれば、どんな状況でも気持ちをくみ取れます。

もちろん交際中は不満も出るはず。

そういうときは彼にネチネチぶつけるのではなく、きちんと話し合いの場を設けましょうね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)