彼氏が途切れない人の特徴の一つは、“聞き上手”であること。

飲み会などに行ってもなかなか男性と会話が続かない……そんな悩みを持つ女性にとって、聞き上手な女性が持つテクニックはあこがれですよね。

そこで今回は、男性が「この子ともっと話したい!」と思うような、上手な話の聞き方についてご紹介します。聞き上手になって、男性との会話を盛り上げましょう。

恋愛上手に学ぶ!男性が喜ぶ「話の聞き方」って?

話に合わせてしっかりとあいづちを打つ

「会社にいる女性の先輩社員は、とにかく聞き上手。社内の飲み会でも、いつもその女性のまわりに男性社員が集まって、悩みごとを聞いてもらったり、くだらない話をしに行ったりするほどなんです。

その先輩女性と話していると、こちらが話す言葉に対してしっかりとあいづちを打ってくれるので、ちゃんと聞いてもらえてるんだなって安心するんですよね」(28歳男性/営業)

男性に「喋っていて心地いい」と思わせるには、あいづちで「ちゃんとあなたの話を聞いている」というサインを示して、安心感を与えることがポイントです。

あいづちをしっかり打つことで、相手に「もっと話したい」と思わせることができ、会話が長続きします。さらに、あいづちは会話のテンポを上げていくうえでも効果的ですよ。

ですが、気のないあいづちを繰り返すだけでは、「この子、俺の話ちゃんと聞いてるのかな……?」と思われてしまうかもしれないので要注意。

相手の話に合わせて、あいづちの打ち方に変化をつけるのがポイントです。

相手の言葉を少し言いかえて繰り返す

「学生時代に付き合っていた彼女は、口ベタな僕の言葉を引き出すのがすごく上手だった人。僕が話した言葉を彼女なりに変換してアウトプットしてくれるので、自分がどんな話をしているのか整理しやすかったんですよ。

その彼女とは遠距離になってしまって今は別れてしまいましたが、今思い返してもすごく一緒にいて楽な気持ちでいられる女性でした」(29歳男性/英会話講師)

相手の言葉を適度に繰り返すことは、「あなたの話をちゃんと聞いて理解しています」というサインになります。

ですが、相手の言葉を全部そのまま繰り返すのは不自然になってしまいますし、相手に違和感を感じさせてしまうかも。相手の話の内容を自分の言葉で言いかえて伝えるのがベストです。

会話の中で、次から次へと新しい話題を提供するのもいいですが、ちょっと一呼吸おいて相手の話を噛み砕いてあげてみて。

相手は、「自分の話をちゃんと聞いてもらえている」と感じ、あなたとの会話に心地よさを感じてくれるはずです。

もっと教えてほしいという態度を見せる

もっと教えてほしいという態度を見せる

男性は、自分に興味を持ってくれる女性に対して好意的になるもの。

「もっとあなたのことを教えてほしい!」という態度を積極的にアピールすることも、会話を盛り上げるうえで有効な手段です。

「飲み会で会った女の子が、僕の話にすごく興味を持ってくれたんです。だいたい飲み会とかで知り合う子って、自分が興味のない男性に対しては適当にあしらうんですけど、その子はどの男性に対しても『その話、もっと聞かせて!』というスタンスで。

そんな彼女の姿を見て、他人に興味を持てる女性って素敵だなと思いました。」(27歳男性/柔道整復師)

「自分の話をしたい」と思いながらも、女性のようにペラペラと喋れない……という男性は意外と多くいます。

そんな男性が話したいと思っていることを引き出すには、「その話に興味あります!」という態度をアピールすることが大切。

「もっと聞かせて!」「もっと教えて!」という態度で、相手の話を上手に引き出してあげてみてください。

聞き上手になって恋愛上手な女性を目指そう

話すことはできても、話を聞くことがあまりできていない人は意外と多いもの。

だからこそ、“聞き上手”な女性になって、周りと差をつけましょう!相手の話を上手に引き出せるようになれば、初対面の男性とも会話が盛り上がり、恋のチャンスがグンと広がりますよ。

喋ることよりも聞くことに意識を持っていくのが、恋愛上手になるための秘訣です。

(愛カツ編集部)