恋をすると、必然的に悩みは出てくるもの。

でも。彼から愛されているゆえの悩みではなく、「これで悩んでいるようじゃ、脈ナシ確定かも……」といった悲しい悩みも存在します。

そこで今回は、「男性が本命女子にはできないこと」についてご紹介します。

これで悩むなら脈ナシ…男性が本命女子にはできないのは?

突然の呼び出し、ドタキャン

「これから空いてる?」といった突然の呼び出しや、ドタキャン。

男性の都合に合わせたデートは振り回されるだけのケースが多いです。

男性も「呼べばいつでも来る」とわかっているからこそ、なかなか本命にはしないようです。

彼と会えるのが嬉しいのはわかりますが、振り回されるのは悲しいですよね……。

急なお誘いやドタキャンが続くようであれば、勇気をもって断りましょう。

体の関係を持った後にスルー

よく「体の関係を持った後に、彼と音信不通になった」なんてお悩みを聞きます。

言うまでもなく、これも本気じゃなかった証拠です。

本命には「体大丈夫だった?」とこまめにLINEをし、ケアを欠かさないもの。そして遊びだと誤解させないように、早い段階で告白をします。

そもそも本当に好きだったら、基本的に交際前から、そういうことにならないようにするのがいいですよね。

もし付き合う前に体の関係を持ったとしたら、彼の態度に注目してみてください。本気度がわかります。

理由なく交際をひた隠しにしたがる

やたら交際を隠したがる男性っていますよね。

まだ付き合ったばかりとか、社内恋愛だから、など何らかの事情があるならわかりますが、理由もなくコソコソ交際しようとする彼は要注意です。

実は本命がいたり、あなたをキープしつつ、ほかの子とも遊びたいと思っていたりする可能性が高いです。

いっぽう、本命女子に対しては、誰にも取られたくないので、存在をアピールしようと交際をオープンにします。

彼に「そろそろ友達に付き合っているって言ってもいいかな?」と相談しても許してくれないのなら、その原因を探ってみましょう。

ほかの女子との関係を続ける

ほかの女子との関係を続ける

本命彼女ができたら、ほかの女子との関係は必然的に切れるもの。

なぜなら彼女と会うのが一番楽しいので、その他の女子と会う(連絡を取る)理由がなくなるためです。

そして本命女子を不安にさせたくないので、「今日は仕事で遅くなるよ」など、スケジュールを詳しく報告するようにします。

やたらSNSで女子と絡んでいる、合コンまがいの飲み会に頻繁に参加するなど、あなたが不安になる要素が強いようなら……交際していても、彼は100%あなただけを好き、とまではいっていないのかもしれません。

おわりに

本命女子の嫌がることは、基本的にしないもの。

そして自分都合だけじゃなく、彼の中に思いやりが生まれます。

いつも女性側が我慢してばかり、そして対等な関係が築けていないと感じるような、彼と離れることも、ひとつの選択肢かもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)