あなたは今日、何回鏡を見ましたか?

毎日最低限のセルフチェックはしているものの、忙しい毎日を送っていると、ついついチェックが甘くなってしまうこともあるはず……。

女性がとくに気にしていない意外なところも、男性にとっては気になってしまうため、注意が必要です。

今回はそんな、気を抜くとおばさん化してしまう「老け見えポイント」をご紹介します。

ついやりがちな「おばさん外見」

ファンデーションが濃すぎる

お肌の気になるポイントを隠そうとしたり、「作り込もう」としたりすると、濃くなりがちなファンデーション。

濃すぎると、顔だけ浮いてしまう、よく見る「おばさん顔」になりがちです。

まずは、普段の保湿を丁寧に。そして、ファンデーションを塗ったら、首との質感に違いがないかチェックしましょう。

暗いところでメイクすると濃くなりがちなので、メイクをする場所にも気をつけたいところです。

手の甲がカサカサ

顔だけではなく、手も意外と見られているもの。

手や指は、女性らしさを感じさせるポイントになるパーツ。でもカサカサしていると……一気におぼさんっぽさが出てしまいます。

とくに冬はカサカサハンドになりがちですから、ハンドクリームを塗る。熱すぎるお湯を使わない。水仕事は手袋を使う、なども大切です。

ハンドケアのついでに爪のお手入れもお忘れなく!

20代向けのガーリーファッション

普段のファッションをチェックしてみて、もし、5年前と使っているアイテムが同じなら要注意。

20代後半で20代前半と同じだったり、30代になって、20代と同じだったりすると少し危険です。

たとえば、フワフワニットやベレー帽など、20代向けガーリーファッションをアラサーになっても変わらず使っていると……

無意識に“張り切っている感”が出てしまって、周囲の男性に「イタい」と思われているかもしれません。

年代とともに、自分を素敵に見せるアイテムは変わっていくもの。お気に入りをずっと使うのであれば、その時々の流行に合うようにアレンジしていきましょう。

ルーズさゼロの黒ゴムひとつ結び

髪型にこだわらなくなるのも危険信号のひとつ。

髪は男性が一番に見る「女性らしさ」の可能性が高いため、その髪を無頓着にいつも黒ゴムでギュッとする……だけだと、可愛さも色気も伝わらなくなってしまいます。

巻いて巻いて凝りに凝った髪型にする必要はありませんが、少し編んでみるとか、ルーズに毛束感を出しながら結ぶとか、結び方のバリエーションを増やしておけるといいですね。

合わせて、髪のハリ・ツヤケアもお忘れなく!

一週間以上アイメイクなし

アイメイクはちょっとした手加減で印象がガラリと変わります。でも、忙しい日が続くと「今日はいっか!」と、ついサボってしまう日もあるかもしれません……。

でも、アイメイクなしの日が一週間以上続いていると、男性から「最近老けた……?」と見られる可能性が……!

目元こそメイクで印象が変わる部分。

さっと使えるアイシャドウを用意したり、目尻のアイラインだけ引いたりなど、最低限の時短アイメイクだけでもする習慣をつけておきましょう。

おわりに

一度手抜きを許してしまうと、それが普通になってしまうことも……。

たしかにケアもメイクもファッションも、手のかかるところではあります。

そんなときこそ、鏡に映る素敵な自分を見て、テンションが上がるよう意識してみましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)