仕事で疲れてたり、うまくいかない……。そんな中、思わず彼がため息をついて「いま会いたくない」と言う。

こういうことが起こるのは決して珍しくはありません。あなたは「私と一緒で楽しくないの?」「私が悪いの?」と感じるかもしれません。愛しているなら、ずっと一緒にてほしいですよね。では、どういう女子ならその危機を回避することができるのでしょうか?

お疲れ気味の彼氏でも、会いたくなる彼女とは。

疲れていても…男性が「会いたくなる彼女」ってどんな子?

相づちだけなのに、楽しそうに話す

疲れているときに人と会話をすると、エネルギーを使いますよね。

多くの男性は、女性相手だと変に気を使ってしまいます。ついつい「ふ~ん」「へ~」「そうなんだ」という返事になるそう。

それでも楽しそうに話をしましょう。彼が落ち込んでいるときでも、変わらない彼女をみて「この子と付き合ってよかったな」と思うでしょう。

もちろん、彼を圧倒されるようなマシンガントークではなく、落ち着いてゆっくりと話してあげてください。

彼を悩ますような質問は避け、なるべく自然な笑顔を見せるのがいいですよ。

無言の間があっても平気な子

彼の反応がイマイチだと、「なにかしゃべらなきゃ」と頑張ろうとしてしまいますよね。

でも一緒にいるからといって、ずっと会話が絶えないわけではありません。無言の時間があったとしても、疲れている彼氏にとってはありがたいはずです。

余計な気を使う必要がない。そっと寄りそってくれる。ただそばにいる。

そんな彼女なら、疲れていても安心して一緒にいられるでしょう。目があったら、幸せそうな笑顔を見せてあげるのもいいですね!

時間に厳しくない子

時間に厳しくない子

デートなのに、彼が疲れていて寝坊した……。そんなときでも「全然気にしないし、そんなの遅刻じゃないよ」と余裕を見せましょう。お疲れ気味の彼氏にとっては、女神さまのように見えるはずです。

デートの提案も、時間に縛られないプランを提案してみるのがおすすめ。

たとえば公園でのんびりする。ドライブに行く。美術館をゆっくり回る。商店街で食べ歩いてからカラオケ……などなど、時間を考えずに過ごすのもいいですよ。

趣味がシェアできる子

会いたくなるということは、なにか楽しみがあるということです。

たとえば、おいしい手料理や彼の好きなお菓子を作る。歌や楽器などの演奏を聴かせてみるなど、得意なことがあれば、ぜひ彼とシェアしてみてください。

また、一緒に面白い動画を見たり、彼の話を聞いたりするのもOK。

「彼女のコレがあるから、頑張れる!」と頼りにしてもらえるようになれば、忙しくても絶対会いたくなる彼女になれるはずです。

おわりに

誰でも疲れていたり、眠かったりすると、いろんなことが面倒になってしまいます。

もし、彼がそんなようすでも、決してあなたのことがキライになったわけではありません。

もっと彼と一緒にいたいのなら、どんな状況でもやさしく受け止められるような、彼女になることが大切です。

「自分は彼女なんだ!」と自信を持って、彼との時間を幸せに過ごしましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)