恋をしたら「意中の男性が喜んでいる顔を見たい!」と思うのは当然のこと。

手料理をふるまったり、楽しいデートを企画したりと、いろいろな方法があります。

気の利いた褒め言葉で彼を喜ばせるのもいいですよね。

そこで今回は、“意中の男性を喜ばせたい時に褒めるべきポイント”をご紹介!

相手の属性や年齢ごとに細かく解説していくので、参考にしてみてください。

オススメの褒め言葉

【学生】なら“友人関係”を褒める

学生、とくに男子にとっては“友達が多いこと” “いい友達に囲まれていること”が一種のステータス。

「〇〇くんって友達多いよね。一緒にいて楽しいし、誰にでも優しいし、みんなに好かれるだけの魅力があるんだね」といった褒め言葉をかけてみてください。

また、友達の数があまり多くない相手であれば“質”を褒めるのもいいでしょう。

「〇〇くんの友達って本当にいい人しかいないよね。〇〇くんがすごくいい人だから、素敵な人たちが集まってきてるんだね」と、褒めてみてはいかがでしょう。

【社会人】は“仕事”を褒める

相手が社会人なら、日々頑張っている仕事のことを褒めるのが一番。

具体的な成果がわかる場合には、

「~~のプロジェクトをあの人数で達成したって本当にすごいよね。
〇〇さんの△△も絶対によかったんだよ。〇〇さんのこと、私が自慢したいくらい!」

と、なるべく詳細に褒めてみましょう。

また、場合によっては仕事の成果がわかりにくいこともあると思います。

そういった相手には、

「いつも朝早くから仕事に行っていて、本当に尊敬する!」
「~~の仕事って、すごく頭の回転が早くないとできないよね。かっこいいな~」

など、勤務態度や職業自体を褒めるのもいいですよ。

【同い年~年下】なら“しっかりしている”ところを褒める

若い男性は、恋愛関係にある異性から「しっかりしているね」と褒められる機会が少ないもの。

その分、「しっかり考えていて尊敬するよ」「実は真面目だよね」といった褒め言葉をかけることで、「本当の自分をみてくれているんだ!」と喜んでくれます。

意外性のある褒め言葉を使うのがポイント!

【年上】なら“ギャップ”を褒める

逆に年上の男性を褒めるときは、頼り甲斐だけでなく“ギャップ”も褒めると喜ばれます。

「いつも落ち着いているのに、スポーツしているときは生き生きして少年みたい」

「美味しいものを食べると、急に笑顔になってかわいいよね」

などの、ギャップ萌えする部分を伝えてみましょう!

“褒め言葉”で恋愛が進展する!

恋愛の初期段階で相手のことを褒めるのは、好意のアピールにも繋がります。

「俺に気があるのかな」「そんな些細なところまで見てくれているのか」と感じてもらえるはずです。

また、恋愛関係がある程度築かれている段階で相手を褒めれば、「俺のことをよく理解してくれているな」「頑張りを見てくれているな」と、信頼感を抱いてもらえます。

“褒め言葉”を恋愛に活用して、意中の相手との距離を縮めていきましょう!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)