2020年の春。

暖かくなり、人々が動き始めるのに伴って、運気の流れも活発になってくる季節です。

その運気は、それぞれの名前が持つ運命にも影響してきます。

特に運命が強くこもっている名前の最初の文字から、「この春モテ期をむかえる女性」をランキング形式で占います。

5位から1位の順での発表です。

あなたの名前の頭文字がある行を探して読んでくださいね。

例:なみえ→な行 みき→ま行

※「が」や「ぱ」などの濁音は、点や丸を取って「か」「は」に直します。

5位 名前の頭文字が、さ行の女性…モテをシャットアウト

自分のやりたいことを2020年の春運気がバックアップしてくれる、幸運のときです。

しかし、恋愛関連ではなく、仕事に幸運が回ってしまう模様。

人間関係も活性化し、モテそうなタイミングがあるのですが、「いやいや仕事優先でしょ。仕事したいし」という思考回路になってしまい、ラブチャンスを自らシャットアウト。

男性の「ちょっといいな」という視線すらも、無言の圧力で抑え込んでしまいますので、モテ期とは程遠いことになるでしょう。

その代わり、仕事運は上々。

今後やってくるモテ期につながる人脈となるはずです。

4位 名前の頭文字が、あ行・や行・わ行の女性…モテ度は下がり気味

あ行・や行・わ行の女性は、恋愛したい!というモチバーションはあるのですが、新しい出会いはほとんど期待できない2020年の春となりそう。

あまり気の進まない相手からモテてしまったりするかも。

きっぱり断れればいいのですが、紹介してくれた人を立てないといけないなど、タイミングや人間関係的に思うようにいかないことが多いでしょう。

そんな気持ちが下がることが続き、モテ度も下がってしまいがち。

た行・な行・ら行の女性が紹介してくれた出会いの場には、モテの期待ができそうです。

3位 名前の頭文字が、は行・ま行の女性…乱高下のモテ期

は行・ま行の女性の2020年の春は、激しくモテたり、逆にまったくモテなかったりと、モテ期乱高下となる暗示です。

思いがけない場所で突然モテまくったり、まったく恋愛対象外だった人から告白されたりすることがあるかも。

直感で「イケる!」と思ったら、一歩関係を進めてみて良さそうです。

逆に、気合いを入れてオシャレした合コンで、まったく声がかからなかったという逆モテ期パターンの場合も。

こんなときは、あまりやる気を見せると幸運気の流れに逆行してしまいますので、成り行き任せにしておくのがいいでしょう。

2位 名前の頭文字が、か行の女性…ハプニング込みのモテ期

春は、か行の女性の魅力が高まっているときなので、恋人のいる人もそうでない人も、積極的に相手に対して自分自身をアピールしてみましょう。

人を引き寄せるオーラが出るので、出会い運もアップ。

彼氏ゲットを願う人は、合コンや職場の飲み会などの機会を逃さず、まめに顔を出すようにしてみてください。

ただ、2020年は、モテるからといい気になり、二股のようなことになったり、同性からヒンシュクを買って恋をジャマされたりといったハプニングがあるでしょう。

それでも、モテてしまうのは止められない、モテ期の春となりそうです。

1位 名前の頭文字が、た行・な行・ら行の女性…最高のモテ期

この春のた行・な行・ら行の女性は、幸運の循環の中にあります。

積極的な行動が出会いとチャンスを呼び寄せますから、どんどん動くのが◎です。

気になる男性がいるのなら、自分からアプローチを。

「実は僕も好きだったんだ」と、うれしい答えが返ってくるかもしれません。

アクティブに動くことで、ライバルたちを蹴散らすことにも。

お出かけ運もいいので、イベントやレジャー、旅行先でのラッキーも期待できます。

観光やグルメを楽しみながらも、それとなく男性との出会いのチャンスをうかがいましょう。

2020年の春は、最高のモテ期です!

さいごに

春は恋の季節。

世の中の恋愛へのモチベーションも高まるときです。

どの名前の人にも、大小はありますがモテ期がやってくるはず。

このチャンスを逃さず、確実につかんでステキな恋を見つけましょう!

(瀧天貴/占い師)

(愛カツ編集部)