男子がイラつくLINEの小細工

なぜかいつもLINEが続かず、既読スルーされがち……。

その原因はもしかすると、あなたの側の「残念LINE」にあるのかもしれません。

今回は、男性がつい既読スルーしてしまいたくなる残念なLINEを調査してみました。

心当たりがある方は、ぜひ見直してみてくださいね。

男子がイラつくLINEの小細工

日記のような報告LINE

「合コンで会った子とLINEをするようになりましたが、『今日はパスタを食べました』とか『今帰りの電車です』とか、行動を日記のようにLINEで送ってきます。

始めはきちんと返していましたが、なんと返信したらいいのかわからないものも多く、正直『だからなに?』という感じ。
次第に既読スルーするようになってしまいました。」(26歳/サービス業)

毎日の日課のように今日の出来事をLINEする、そんな女性も少なくないようです。

しかし、日記のような報告LINEに、男性側は「どう返せばいいの?」と困惑してしまいがち。

ただ報告だけで終わらせるのではなく、「ここのパスタ美味しかったから今度一緒に行かない?」など、相手が返信しやすいメッセージにすることを意識するといいでしょう。

お誘いがしつこい

「友だちの紹介で会った女の子からのお誘いがとにかくしつこい!
『また今度行こう』と言うと、『〇日なら空いてるよ!』と、必ず予定を決めようとします。

はじめのころは、『そんなに俺に会いたいのか』と悪い気はしなかったのですが、仕事の繁忙期に入っても同じ感じでげんなり……。
『落ち着いたらLINEする!』と伝えたのですが、それでもしつこく誘ってくるので、スルーするようになりました」(27歳/金融関係)

次につなげたい!という気持ちはわかりますが、相手の状況を考えないしつこいお誘いは、嫌われる原因になってしまうでしょう。

ときには引いて、彼の連絡を待つ姿勢も大切。

男性から好まれるのは、相手への気遣いができる女性ですよ。

文章が毎回長すぎる

「文章がいちいち長い相手とのLINEは面倒です。
ヒマなときならまだしも、忙しいタイミングで長いLINEがくると、さらに疲れてしまう……。

気軽に返せるLINEなら、仕事の空き時間にサッと返すけど……。
長いLINEは読んでもすぐに返信できず、あとで返そうと思っているうちにいつのまにか時間が経って、結果既読スルーになることも」(25歳/メーカー勤務)

気合いを入れた長いLINEもいいですが、毎回それではうんざりされてしまうでしょう。

長いLINEが来たら、長いLINEで返さなくちゃ!と思ってしまうので、「返信を考えるのが面倒」と感じるようです。

毎回の長文LINEは、避けておくのが吉でしょう。

気軽に、テンポよくやりとりできるLINEを心がけるといいですね。

相手の気持ちに沿ったLINEを送ろう

ご紹介した「残念LINE」の中に、思い当たるポイントはあったでしょうか?

大事なのは、相手の気持ちに沿ったLINEを送ること。

自分の気持ちだけが突っ走った残念LINEでは、相手をげんなりさせてしまいます。

LINEは相手との仲を深めるうえで、有効なコミュニケーション手段。

返しづらい残念LINEは避けて、相手とのやりとりを増やしていきましょう!

(愛カツ編集部)