恋愛を進めるうえでも、LINEはもはや必須のツール。

ところが、「LINEを交換した後にやり取りが途絶えちゃう」「返信が来なくて辛い」といった悩みを抱えてしまうことも珍しくはありません……。

男性はどんなLINEが届いたとき、「返信しにくい」と感じてしまうのでしょうか?

男性が実は“送られてくると困るLINE”とはどんなものなのか、見ていきましょう。

なんて返せばいい…?男性が実は「送られてくると困るLINE」とは

社交辞令?と思う文面

LINEのやり取りを重ねていくと、どこかの時点で“社交辞令”に直面することがあります。

男性たちのほとんどは、女性からの社交辞令に振り回される経験をしているみたい……。

そのため男性は、同じ失敗を踏まないよう「社交辞令かもしれない」と思ったLINEには、無難に返信してしまうようになっているのです。

「今度ご飯に行きましょう!」「また飲みましょう!」「モテそうですね」「〇〇さんみたいな彼氏は素敵」

こうした前向きな発言も、男性目線では社交辞令に見えてしまう可能性があります。

どれも“確信的な言葉”はなく、もし舞い上がって社交辞令だった場合、深く傷ついてしまうためです。

男性からすると、文面で本心を探ることは難しいので、ハッキリ具体的なメッセージを送ることが大切。

「気になるお店があるので一緒に行ってもらえませんか?」「〇日と〇日が空いているのですが、飲みに行きませんか?」

このように、確実に意図が伝わる言葉を使った方が、すれ違いは回避できます。

度重なる相談

相談すると相手との距離感はグンと縮まりますよね。

恋愛においても相談をきっかけに進展するケースは数多く、上手に男性を頼るのは効果的です。

ところが、LINEを使って複雑なやり取りをするのは、手間がかかってしまうもの……。

男性によっては「面倒くさい」と思って、返信を後回しにする原因にもなってしまいます。

説明がむずかしい相談は、電話をするか、直接会う約束をしましょう。

声や表情などの情報があった方が、男性は相手の気持ちが分かって対応しやすいはず。

また、直接話した方が感情移入するため、恋愛面での効果もアップします。

笑っていいのか迷う冗談

笑っていいのか迷う冗談

LINEでは、相手の表情や細かなニュアンスを察することができません。

そのため、笑っていいのか迷う冗談が届けば、返信を迷ってしまうでしょう。

たとえば、「私可愛くないから」「太ってるから」「オッサンみたいだから」など。

こうしたメッセージが冗談っぽく送られてくると、心優しい男性ほど、女性の気持ちを考えすぎて悩みます。

仮に男性が「そんなことないよ!」と返してくれたとしても、それは果たして、男性から見て楽しいやり取りでしょうか?

LINEではすれ違いを防ぐため、ストレートに意図が伝わる明るい表現を心がけるのがベター。

安心して返信できる内容を選ぶと、男性もリアクションしやすくなり、大助かりです。

共感ありきの報告

女性は男性に比べ、コミュニケーションで“共感”を重視する傾向があります。

男性の多くは理論的な思考が強く、共感を必須としません。

これにより、女性から共感を求められても、期待どおりのリアクションが取れないケースが多いのです。

SNSのような感覚で、画像や今日あった出来事を送られても、男性は「だから何?」となってしまいます。

共感を重視する女性からすると、冷たい印象に映り、お互いに微妙なムードに…。

ここですれ違いが起きると、せっかくのLINEが、恋愛に対してマイナス効果になります。

LINEでは男性が関心を持てる話題を選び、共感ありきの内容にしないことを意識しましょう。

最後に

男性から返信が無かったり、リアクションがイマイチなとき、今回ご紹介したような“送られてきて困るLINE”になっていないか振り返ることが大切です。

LINEを交換することで得られたチャンスを確実に切りひらいていけると、狙った男性と恋愛関係に発展しやすくなります。

メッセージを送る際には「相手から見てどう感じるか」を重視して、客観視するタイミングを設けましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)