告白のタイミングは難しく、「いつ伝えればいいんだろう?」と悩んだこともあるかと思います。

もしかしたら今、そんな悩みを抱えているのかもしれませんね。

そこで今回は、成功しやすい告白のタイミングはいつなのか、その一瞬をつかむにはどうすべきなのかについて書いていきたいと思います。

ここを抑えておけば安心?成功しやすい告白のタイミング

彼の感情のタイミングをつかもう!

自分の感情ばかりに目を向けて、一方的に告白してしまうのはNGです。

相手も人間ですから、いつも余裕があるわけではありません。

相手が忙しいときや疲れているときに、一方的に気持ちを伝えても、相手からしたら「余裕がなくてそれどころじゃない」と思われる可能性もあります……。

タイミングを間違えると良い結果にならないどころか、反対に相手からの印象も悪くなってしまうかもしれません。

まずは相手の状況を見てタイミングを図る。それでもわからなければ「最近は忙しい?」と近況を聞いてみるのもいいでしょう。

なにかを一緒に楽しんだ帰りに告白

どこかに遊びに行って、その帰り道に告白すると、OKが出やすくなります。

わざざわ遠くに行かなくても、特別に集まって遊びに行かなくても、行ったことのないカフェや居酒屋でも十分。二人きりでなくてもかまいません。

大事なのは「非日常感」があること。

いつもと違う、それまでの日常と切り離された場所では、気持ちがフラットになりやすいもの。

他の人の気持ちにも少しだけ敏感になり、受け入れられやすくなることもあります。

具体的な行動として、告白する前に、彼の飲んでいるグラスに自分のグラスを近づけてみるというものがあります。

あなたがグラスを近づけたとき、相手が自分のグラスを遠ざけなければ「脈アリ」だと思って良さそうです。

相手と共感したときに告白

告白のタイミングはどう図る?

彼と一緒に映画を見たときや、一緒においしいものを食べたときなど。

「間違いなく同じ感情を共感している!」と思えるときに告白すると、成功率が上がります。

一緒に行ってなくても、彼と見た同じ映画の感想を言い合っているときでもいいでしょう。

そのほかにも、同じことを一緒にやり遂げたときなども受け入れられやすいですよ。

告白するにも「これが終ったら告白しよう」と思えた方が、頑張れると思いませんか?

サラッと言える告白の言葉

告白のとき、言葉を選びながら回りくどくなって「告白」だと気付かれないのはダメージが大きいもの……。

そんなときは、「ずっとアピールしてたんだけど気が付いてくれないから言うけど、私、〇〇くんのことが好きなんだ」というセリフが効果的。

「〇〇くんが好きだから、今、一緒に居られるのが嬉しい。」というじんわり系も好感度が高いです。

好きと言った後、無言で帰るわけではないですから告白の後に「私が〇〇くんと付き合ったら、△△に一緒に行きたい!」など、明るい話題を提供するのもおすすめです。

「私でも良ければ……。」「好きでいるのもダメ?」などのマイナスな空気を出してしまうのはできるだけ避けましょう。

好きな気持ちに自信を持って告白するのがベストです。

「付き合う」ときに大切なこと

告白するまでは、自分の気持ちだけを考えてしまいがちですが、付き合うとなると、相手の気持ちもしっかりと考えなくてはいけません。

だからこそ、はじめの告白で思いやりの見えない一方通行さが見えてしまえば、相手が拒否したくなる気持ちもわかりますよね。

はじめの告白が思いやりのあるものであれば、この先もずっと思いやりを持ち続けてくれそうと感じさせることができます。

相手の気持ちをくみ取って、告白の成功を上げていきましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)