気になる彼と、あと一歩で付き合えそうだけど、どうすればいいのかわからず悩むこともあるでしょう。

そこで、女友達から彼女に昇格するために「これをやったら付き合えた!」という女性たちの体験談をご紹介します。

あなたも参考にして、意中の男性をモノにしましょう。

女友達から彼女に昇格するためにやったこと3つ

2人きりになれるシーンを作る

「大好きな会社の同僚とは、大勢で会う機会がほとんどでした。
だから思い切って、2人きりになれるシーンを作れるよう努力してみたんです。

仕事帰りに飲みに誘ってみたり、さりげなく一緒に帰ってみたり、ちょっとした時間を活用してました。
そしたら、彼の方から告白してくれて、今では最高に幸せです」(25歳/食品メーカー)

大勢いる前では、想いを寄せる相手に告白するのは、なかなか至難のワザ。

思い切って2人きりになることで、自然と告白しやすい雰囲気になることもあります。

男性が告白しやすいシーンを作るためにも、思い切って飲みに誘うなど、ちょっとした行動に移してみてください。

丸1日使ったデートに誘うより、仕事帰りのちょっとした時間に誘うのが、恋愛奥手女子にはおすすめですよ。

遠回しに思いを伝える

「デートの帰り際に『もっと一緒にいたいな』って遠回しに想いを伝えてみたんです。
そしたら、次に会ったとき、彼の方から告白してくれました。

どうやら私の気持ちに確信が持てず、ずっと告白するのをためらっていたみたいです」(24歳/ネイリスト)

あと一歩のところで恋人同士になれないのは、あなたの気持ちに確信が持てずにいるからかもしれません。

ちょっとした自信のなさが、告白寸前で恋の進展をストップさせてしまうこともあるようです。

「もっと一緒にいたいな」「早くまた会いたい」などと、遠回しに思いが伝わるセリフで、男性に自信を持ってもらいましょう!

あなたの気持ちに確信が持てれば、告白はもう目前のはず。

ディープな相談をしてみる

ディープな相談をしてみる

「なるべくディープな内容の相談を持ち掛けるようにしてたら、ある日の相談中に告白されました。
頼られてる感じに、キュンとしたんだって」(25歳/アパレル企業)

仕事や人間関係の相談など、親しくない人にはなかなか言えないディープな内容の相談をするのも有効的。

真剣な相談ごとをもちかけることで、一気に距離が縮まることもあります。

信頼関係も深まりやすいので、ちょっぴり距離を感じている相手にも、おすすめの恋愛テクニック。

たまには涙を流して「守ってあげたい!」という男心をくすぐってみてください!

ちょっとした行動に移して幸せをつかもう

もう一歩で付き合えそうなのに……というときは、ちょっとした行動に移すことが重要。

そのままの関係を続けると、お互いの気持ちが冷めてしまうこともあります。

いつもよりもう一歩踏み込んだ言動で、男性の気持ちを揺さぶってみましょう!

そのちょっとした努力が、恋の実を結ぶかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)