相手が好きだからこその「ヤキモチ」は、可愛らしくも思ってもらえるもの。

でもそれが「束縛」に変わることで、彼をおびえさせてしまうほどの行動を、引き起こしているかもしれません……。

今回は、女性の独占欲による言動に恐怖を感じた瞬間を、男性に聞いてみました!

ヤバいヤツと思われるかも…男性が思わず恐怖を感じてしまう女性の独占欲

勝手な思い込みから不機嫌になる

「休日に会社でBBQをする予定があったので彼女に伝えたら、急に機嫌が悪くなって口も聞いてくれなくなって。
なんでだろうと不思議に思っていたのですが、あとでBBQに参加する同僚の女性に嫉妬したのだと発覚。

会社の行事なんだから仕方ないことだし、仕事上、誰とも喋らないとか無理だし、どうしたらいいんだよって。
これじゃ何の話もできないですよね……」(27歳/メーカー営業)

勝手な思い込みや妄想から、過剰な嫉妬をする女性は、「ヤバイ」と感じられてしまうようです。

相手が好きであればあるほど、ちょっとした心配が尽きないのは、仕方のないことかもしれませんが、突然不機嫌になる、相手を責めるなど自分本位なリアクションはNG。

彼も行動を制限されるようで、窮屈に感じたり、不信感を抱いたりしてしまう可能性もあります。

どうしても気になるなら、「ちょっと心配になっちゃった」などと、可愛くさらっと伝える程度にとどめておきましょう。

話した覚えがないことを知っている

「同窓会に行くことを彼女にいったら『○○さんも来るの?』って聞かれて……。
学生時代の話はしたことないはずと思ったら、共通の友だちに聞いたって言われたんです。

自分の知らないところで、探偵みたいに嗅ぎまわられるのは苦痛でした」(28歳/保険会社営業)

自分の知らない彼の昔に興味があるのは、悪いことではないでしょう。

しかし、その話を本人から聞くのではなく、周りにこっそり聞き回るのはNG。

彼に怖がられてしまう可能性大です。

今彼が付き合っているのはあなたなのだから、目の前の彼の気持ちを一番に大事にしましょう。

不安なときは、思い切って彼自身に聞いてみるのも、ひとつの手ですよ。

SNSまで監視してくる

SNSまで監視してくる

「連絡を欠かすとすぐに怒る彼女で、それも結構大変だなとは思いつつ、頑張って応えてたんです。

でも一度彼女からの連絡に気づかず、インスタで女友達とコメントのやり取りをしていたら激怒されて……。
常に監視されているようで、怖くなっちゃいましたね」(30歳/ジムインストラクター)

基本的に男性は、連絡不精な人も多いもの。

相手がまめに返信するタイプでなくても、彼なりに努力してくれているのであれば、寛容になるべきでしょう。

また、いくら付き合っていても、自由な時間は必要。

自分が必ず最優先でないとダメと思ったり、逐一相手の行動を把握しようとしたりすると、お互いにしんどくなってしまいますよ。

長く良好な関係を続けていきたいなら、干渉のしすぎは禁物です。

彼のことが好きなら信じてあげることが大事

彼のことを独占したいという女心もわかりますが、そのまま相手に気持ちをぶつけると、「信用されていないのかな……」とガッカリされて、恐怖心を抱かれたりすることも……。

彼に「ヤバいヤツ」認定されることのないよう、行き過ぎた言動には十分に注意しましょう。

(愛カツ編集部)