好きな人はいるけれど、ライバルが多い場合、「諦めたほうがいいかな」と、考えてしまう人もいますよね。

でも、諦めらたらそこで恋愛は終了かも。

そこで、“愛され女子”は“その他大勢”で終わってしまう子と、何が違うのか探ってみようと思います!

答えを持っている

質問をしても、いつも「分からない」「どちらでもいい」ばかりでは、
「聞いても仕方ない人」と思われるのが自然なはずです。

たしかに「聞いても仕方ない人」と一緒にいても、つまらないことも……。

「私はこうしたい」と答えを持っている人のほうが、打てば響く会話ができて楽しいもの。相手も一緒にいて変に気をつかわずにいられるため、きっと誘いやすいでしょう。

モテる彼を諦める前に、“答えを持っている人”になるように心がけると、その他大勢から変われるかもしれませんね。

思い出す顔はいつも笑顔な女性

笑顔が多い人は、男性にモテるでしょう。いつも楽しそうに過ごしている女性と一緒にいたいのはみんな同じ。

では、笑顔の多い自分でいるためは、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、気持ちの切り替えが大切。口角をあげることを意識してみましょう。
楽しいから笑顔なのではなく、ごきげんで過ごしたいから“笑顔”を心掛けてください。

もちろん無理は禁物。ちょっとくらいの憂鬱なら笑顔で吹き飛ばして、元気になったほうが気持ち的にもラク!

そうしていれば、好きな人に思い出してもらう顔が、いつも笑顔の女性になるでしょう。

大切な彼に「一緒にいると元気になれる」なんて言われたら、嬉しいですよね。
明るくハッピーな笑顔パワーで、彼の視線を一人占めしちゃいましょう。

育ちの良さを感じる所作ができる

育ちの良さを感じる振る舞いができる人は、大勢の中でも目立つものです。

マナーを守ることはもちろんですが、やさしい所作を身につけると、育ちの良さが感じられるようになります。

たとえば物を持ち上げるとき、直線的に“ガバッ”と取ると、ガサツに見えるかも。でも、少しだけ弧を描くように物を持ちあげると、丁寧に取っているように見られるでしょう。

イスを動かすときも、そっぽを向きながら手だけを動かすのではなく、物と向き合いながら、丁寧に動かすことも大切。

物との丁寧な向き合い方は、所作に出てきます。

「人にも丁寧に接することができる人だな」と思ってもらえたら嬉しいですよね。
日頃から気をつけていれば、自然にできるようになるはずです。

切り返しにユーモアややさしさがある

また次に会いたいと思ってもらえる人の多くは、切り返しにユーモアや、やさしさがあります。

ではどうすれば、切り返しトークが上手くなるのでしょうか?

取り入れやすいのは、相手の会話をスーパーポジティブに変換して返答する方法です。

たとえば「この本、まだ読んでいないんだよね」と言われたら
「それはすてき!あの感動をこれから味わえるなんて、羨ましすぎる!」とポジティブに返すのです。

すると相手はしあわせな気持ちになれますし、本に対する期待感も高まり、さらに会話は盛り上がるはず。

話が盛り上がれば、次のデートつながりやすいでしょう。

その他大勢に埋もれず、本命彼女になろう!

いつも楽しみながら自分磨きをしつつ、たくさんのライバルの中から、大好きな彼に自分だけを選んでもらえたら嬉しいはずです。

“愛され女子”になるにはちょっとの意識をするのが大切。

気になる彼のハートをつかむために、諦めずに意識してみましょう。

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)