彼とずっと一緒にいても、「ずっとそばにいてくれるのかな……。」という不安がよぎるときもあるかと思います。

彼のことが好きになればなるほど、もっとしっかり愛して! 目を離さないで! と欲張ってしまうものです。

彼に要望を伝えるだけではなく、彼を自分の好みの「いい男」に仕立てるのも一つの手。

付き合っているけど、もうちょっと幸せを感じたいという方に、彼をいい男に育てる方法を探ってみました。

感謝をメリットとして伝える

君がいるから頑張れる!「いい男」を育てる彼女とは?

幸せなカップルなら、ふたりのあいだには、たくさんの「ありがとう」が溢れています。

でも、せっかくなので、彼を「いい男」に育てるために「ありがとう」を使うのはどうでしょうか?

彼がなにかしてくれたとき、「ありがとう」にプラスして、「○○くんのおかげで△△できたよ!」と伝えてみてください。

彼のおかげでできたという労いの言葉が付け加えられたことで、彼は自分の行動に満足できるでしょう。

そのうち「次もやろう」「アレもやってみようかな」と積極的になり、どんどんいい男になってくれるはずです。

意見は提案として伝える

男性のプライドを上手に扱えることも、いい男を育てるためには欠かせないテクニックです。

お互いに、短所や欠点は多かれ少なかれあるものなので、ときには衝突してケンカになることもあるでしょう。

そんなとき、「○○くんって、サイテー!」と人格を否定するような言い方ではなく、「○○してみるのはどうかな?」と、提案する伝え方をしてみてください。

プライドの高い彼でも、「自分が否定された」と傷つくこともなく、素直に受け入れやすいはずです。

また、彼がいままで気づけなかった欠点も改善されるので、いい男としてのランクアップが期待できます。

嬉しかったことをLINEで伝える

彼をいい男に育てるテクは?

彼にしてもらって嬉しかったこと、感動したことを、あえてあとからLINEで伝えるというのも、少し試していただきたいテクニックです。

もちろん、その場で伝えるのも大事ですが、あとからLINEで伝えることで、彼が客観的に自分の行動を思い出せるため、印象や記憶に残りやすいというわけです。

「あ~アレが嬉しかったんだ。へ~」と思い出して、チャンスがあればまたやってみよう、という思いに至ったことは筆者も経験があります。

男性は女性よりも、ものごとを単純にとらえる傾向があるので、文字にしてLINEで彼に伝えることで、彼が嬉しい行動をたくさんとってくれるようになるはずです。

自慢の彼氏としてほめる!

彼をほめるときは、「自慢の彼氏!」というニュアンスを含めてみましょう。

「すごいね」「がんばったね」と言ってみるよりも、彼の自尊心を刺激することができますよ。

自分の価値が彼女のためにもなっている! となれば、彼はますますがんばれますから、もっともっといい男になるというわけです。

もし、彼にもう少しがんばってほしいところがあるならば、その内容にもほめ言葉をプラスして、「○○してくれる彼氏で幸せ!」と伝えてみるのはいかがでしょうか。

おわりに

彼にとって、彼女からの言葉というのは、女性が思っている以上に大きな影響を与えます。

おつき合いは一日一日の積み重ねですから、根気よく伝えていれば、やがて「いい男」を育つはずです。

ぜひ、彼を上手に刺激して、自分にはもったいないくらいの自慢の彼に育ててあげてください。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)