好きな人とLINEしたい

男性とのLINEに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?

でも、LINEはあくまで連絡するためのツールであり、LINEで恋の結果が決まるわけではありません。

仲を深めるためとはいえ、逆に使いすぎると、思わぬ結果を招いてしまうことも……。

そこで今回は、LINEだからこそできる、モテるポイントをご紹介します。

この機会に、LINEへの苦手意識とはおさらばしましょう!

好きな人とLINEしたい

返信がなくても追送しない

気になる彼からLINEが返ってこないと、不安になってしまいますよね。

でも、忙しくて返信が後回しになっている、もともと連絡がマメではない場合がほとんど。

ここでしつこく追送してしまうと、重たい印象を与えますし、彼が余計に連絡しづらくなってしまうかもしれません。

返信がこないことでイライラしても、気長に待つ!

これが、モテるLINEの心構えです。

どうしても追送したい場合は、用件を明確にする、新しい話題で連絡するなど、連絡の必要性を見せましょう。

返信がない理由を追求するのはタブーですよ。

「?」はひとつ

たとえ聞きたいことが山ほどあっても、「?」はひとつに絞っておく。

彼が返信しやすいような内容で返信するのも、モテるLINEのひとつ。

質問がいくつもあると、返信が面倒と感じる男性もいます。

返信しやすい内容を心がけることで、自然とラリーの回数も増えるはずですよ。

できるだけ短文

長文LINEも控えるべきLINEとなります。

質問がひとつでも、ダラダラと長文があると重たい印象を与えやすいでしょう。

長文のやりとりを1回するよりも、短文のやりとりを何度もするほうが、ふたりの距離は縮まりますよ。

できるだけ短文の簡潔なLINEで、「気軽に連絡できる相手」と思わせましょう。

絵文字にはメリハリを

絵文字が多すぎると、相手によっては引かれてしまうこともあります。

文章が読みにくくなったり、意味がわからなくなったりすることもあるので、絵文字は多用せず、語尾にひとつかふたつ添えるくらいがベスト。

普段絵文字を使わないと、使ったときは印象的になります。

絵文字にメリハリをつけることで、やりとりそのものの関心が高まりますので、バランスをうまくとりながらLINEしましょう。

キャラによっては擬音もあり

「きゃー!」「ガーン!」などの擬音は、幼い印象を与えがちなので、控えたほうが正解です。

ただし、キャラによっては可愛らしく映ることもありますよ。

彼よりも年上という場合は、擬音は避けたほうがいいでしょう。

反対に、彼よりも年下、妹キャラとして可愛がられることが多いという場合は、擬音を交えて、天真爛漫な印象をアピールしてもOK。

乱用しすぎには注意です。

別画面で確認してみるのもよし!

LINEを送る前まえに、一度読み返すことも大切です。

自分だけのグループを作成して、そこに彼へのLINEを送ってみてもよいかもしれません。

客観的に文面を見ることで、誤字やわかりにくい表現に気付くことができます。

筆者自身、勢いで送ったLINEで何度失敗したことか……。

焦らず落ち着いて、何度も確認!

これもモテるLINEを送る大切な秘訣です。

おわりに

LINEは相手との距離を縮めるための、大切なツールでもあります。

でも、モテるLINE にするには、LINEに執着せず、気楽に余裕を持ったやりとりが成功の秘訣。

今回紹介したモテLINEを参考にして、自信を持って彼とやりとりしてくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)