彼に愛されているかどうか不安になると、束縛や相手を試すような行動が増えてしまう人もいるのでは?

ふと気がつけば自分が理想とする彼女像からかけ離れていることもありますよね。

実は「不安を消そう」とすると、関係はだんだんと緊張感をおびたものになってきます。

大切なのは「不安」を無理に消そうとせずにうまく距離をとること。

そこで今回は、「不安」との距離の取り方とともに、彼がずっと一緒にいたくなるような彼女になるために心がけたいことを紹介します。

長続きの秘訣は居心地の良さ!男性がずっと一緒にいたい彼女とは?

我慢なし!お互い、いつも自然な状態

人は無意識に「平等」を求めます。自分が「我慢」をしていると、人にも「我慢」をさせたくなってしまう傾向があるのです。

彼のためを思って我慢しているののに、彼が自由にしていると「私に合わせてくれないなんて、好きじゃないのでは?」と不安になってしまうのは、こういうからくりがあるのです。

大切なのは彼に我慢させないようにするのではなく、あなた自身も必要以上の我慢をやめて、お互いに自然体でいることです。

小さな我慢をやめると心に余裕が生まれますので、「不安の種」があっても必要以上にふくらまなくなるという効果もあります。

お互いの時間を尊重できる

彼に合わせて仕事の時間を調整したり、あなたの休日の予定を組んだりするのがクセになっていませんか?

でも、この状況を逆転させるためには、まずはあなたが自分の都合を優先させる必要があります。

いつも彼に合わせていたら、彼はあなたに合わせる必要を感じないので平行線のまま。

たまには、自分の予定を先に伝えて、相手に調整してもらう機会を増やしてみましょう。

この積み重ねが「お互いの時間」を尊重していくことにつながります。

お互いが好きなことを応援し合える

ずっと一緒にいられる関係を構築するには?

あなたはインドア派なのに、彼に合わせて外に出てばかり……など、無理をして相手に合わせていても楽しいとは思えません。

そういう背景があると次第に「どうしてこんなことが楽しいの?」と相手の好きなことを応援できなくなってしまいます。

相手に合わせて無理に自分の好きなことを捨てなくてもいいんです。

自分の好きなことを楽しめるようになると、不思議と相手の好きなことも応援できるようになりますよ。

お互いの変更に柔軟対応

予定の「変更」というのはどんな関係のなかでも起きるもの。

でもあなたが「つねに彼に合わせよう」という姿勢でいると、彼に振り回されて大切にしてもらえていないような感覚になりやすいのです。

「変更」に柔軟対応ができるようになるためには、「無理をして合わせない」ことが必要です。

「無理なときは無理」とかまえているくらいがちょうどいいものですよ。

おわりに

居心地の良い関係になるにはまず自分が居心地よくいられるよう意識することが大切です。

相手のことを思いやるように、自分のことを思いやってみてください。

きっとお互いに「いい関係」になれるはずですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)