彼が不機嫌になるポイント、傷つくポイント、冷めるポイントがわからないと、自覚ないまま彼の気持ちを冷ましてしまうことも。

彼と仲良くやっていきたいのなら、自分がされたら嫌なことは極力しないことです。

そこで今回は、男性が“彼女にされたら死ぬほどきついこと”をご紹介します。

男子が彼女にされたら死ぬほどきついこと

「ありがとう」がない

「何かしてあげても『ありがとう』の一言がないときつい。別に、お礼の言葉を望んでいるわけではないけど、言われないと『してあげてよかった』という気持ちにもなれないし、彼女に大事にされていない感しが」(30代・保険)

たった一言「ありがとう」があるだけで、してあげた方も気分がいいし、またしてあげたいと思えるんです。

些細なことでも「ありがとう」という癖は、つけた方が関係も円満になるはずですよ。

話を最後まで聞かず反論

「こっちの話を最後まで聞かずに反論してくるせっかちさ。聞く耳持たずの相手だと『話しても無駄だ』と冷める」(20代・IT)

彼の言い訳なんか聞きたくない!と一方的に自分の主張をする子もいるかもしれません。

しかし、自分の話を彼にしっかり聞いてもらいたいのなら、あなたも彼の話を最後まで聞きましょう。

夢やチャンスを止められる

夢やチャンスを止められる

「昔、転職を考えていた時、当時付き合っていた彼女に『今の会社辞めちゃうの?もったいないよ』と引き止められた。けど、今の彼女は独立したいと言った時に背中を押してくれた。多くの男って夢やチャンスを無駄に心配されたり、止めたりする子が嫌いだよ」(30代・自営業)

あまりにも無謀な賭けなら確かに止めたくなるのはわかります。

でも彼の人生なんです。成功するも失敗するも、彼の責任。

もちろん、結婚していて子供もいるとなると話は別ですが、あなたに損害がないのなら応援してあげてもいいのではないでしょうか。

故意的に無視

「ケンカの後、仲直りのために連絡したのに、故意的に無視されること。明らか俺が悪いのならわかるけど、どっちもどっちの状態で無視されると面倒臭く感じる」(20代・web系)

イライラしている時に彼から連絡が来ても、返信する気になれなかったりしますよね。

でも、彼から歩み寄ってきてくれたのなら、あなたも意地を張らずに歩み寄った方がいいですよ。

被害者ヅラされる

「『あの時嘘ついたじゃん!』『約束破られたこっちの気持ちわかる?』と何かと被害者ヅラされるとイラっとする」(30代・証券)

彼女に責められるのはつらいもの。

特に、被害者ヅラされると何も言えなくなってしまうし、罪悪感から逃れたくて彼女と距離をとってしまうこともありえます。

自分の知人と浮気

「元カノに浮気されたこと。しかも俺の知人と。怒りと悲しみと悔しさとやるせなさい感情が心の中で渦巻いて、ホントに死ぬかと思った」(30代・不動産)

これは死ぬほど嫌ですね。彼女にもムカつくし、知人にもムカつくし、人が信用できなくなって下手したら対人恐怖症になりそうです。

好きになってしまったんだからしょうがない!という感覚の子もいるでしょうが、それを彼氏にされたら嫌じゃありませんか?

恋に多少の傷はつきものだけど…

『されたら嫌なことはしない』って当たり前のことですが、簡単ではないですよね。

恋愛に多少の傷はつきものですが、不誠実な態度で故意的に傷つけないようにしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)