付き合ってしばらくしてからの悩みと言えばマンネリ。お互いに相手のことが好きなのかどうかも怪しくなり、他の子に興味を持ってしまう可能性も高まる危険な時期です。

でも定期的に彼に愛している気持ちを再認識してもらえれば、別れを切り出されることもないでしょう。

今回は、彼が「やっぱり彼女が大好き!」と思う瞬間をご紹介します。

彼氏が「この子のこと大好きだわー」と再認識する瞬間

自分のために努力しているのを知ったとき

「付き合ってしばらくして、デートの場所とかも2回目の場所が増えてワクワクしなくなってたんです。でも久しぶりに会った彼女がちょっと痩せてて。どうしたのか聞いたら『細い子が好きって言ってたからダイエットした』って。素直に良いなぁって思いました」(32歳/教育)

恋人が自分のために何かをしてくれるって本当に嬉しいですよね。それが彼の理想の女性に近づくための行動ならなおさらでしょう。

マンネリを感じたら彼に喜んでもらえるように見た目を変えてみたり、料理の腕を上げたりしてみてはいかがでしょう?

一途な姿を見たとき

「彼女のSNSをチラッと覗いたら、僕に対する一途な思いが見えるようなことを書いてて。直接じゃないからこそ、彼女の本心が見えた気がしました。一途な子は裏切れませんよね」(36歳/自動車)

最近は付き合っている人とSNSでも繋がっているという人も増えているでしょう。その場合もし相手が見ようと思っていなくても、目に入ってくることはあります。

気を抜いていると、SNS上の発言から恋が破綻することも考えられますね。

相性の良さを感じたとき

相性の良さを感じたとき

「最初すごく気が合うから付き合ったって子でも、しばらく経つと忘れちゃうんですよね。でもふとした時に行きたいお店が一緒だったり、食べたい物が一緒だったり、喋ったことばが重なったりすると『やっぱり相性良いんだな』って再確認して好きな気持ちが蘇ります」(33歳/警備)

初心を忘れないようにしようしようと思っても、人は慣れてしまう生き物です。でもこうやって好みや性格が合う相手だと、一緒にいてもストレスがかかりません。

言葉にしていないのに以心伝心で思いが伝わった時の感動を、経験したことがある人も多いでしょう。

些細な変化に気づいてくれたとき

「元カノで本当に僕の変化にすぐに気づいてくれる子がいたんです。そのたびに愛情が増しました。髪を数センチ切ったとか、ちょっと落ち込んでるとか絶対バレるんですよ。ちょっと怖いくらいに。それだけ愛されてたんでしょうね」(25歳/IT)

好きな人のことを一生懸命見ているつもりでも、お互いにわかっていないことがあるのは仕方がありません。でもその見ようとする努力を怠ってはいけません。

直感でも何かが違うと感じたら、どこがどう違うのかを発見して言葉にしてあげると良いかもしれません。

おわりに

愛情を届けよう届けようと思っているときって、なかなか届きませんが、ふとした瞬間に愛を感じてもらえることもあるようです。

これを参考にぜひいつまでも彼の「大好きな彼女」でいてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)