「この子は遊び相手でいいいかな」と思われてしまったら、本命の女性にはなかなかなれません。

そんな風に思われる原因を女性のほうから作り出しているケースもあるので、それだけは避けるようにするべきでしょう。

そこで今回は、「遊び相手でいい」と思われちゃう原因を紹介します。

本命にはなれない…「遊び相手でいい」と思われちゃう原因

“ベタ惚れ感”が丸出しである

好きな男性に対して好意を示すのは大事なことですし、それによって男性もあなたを意識してくれるようになるもの。

とはいえ、あまりにも“ベタ惚れ感”を出しすぎると、「俺にぞっこんだから、遊び相手でも十分かも」なんて思われてしまう危険性も…。

もちろん男性のタイプにもよりますが、一方的に好きアピールをしすぎるのは、都合よく扱われる原因になりかねません。

温度差が大きいと引かれる場合もあるので、いきなり飛ばさずに相手の状態も見ながら、じっくりと距離を縮めていけるとベストでしょう。

すぐに信用してしまう

疑ってばかりいるのではなく、人のことを信じることができるのは素敵なことです。

でも、なんでもかんでもすぐに信用をしてしまうと、いいように利用されることにもなりかねないでしょう。

例えば、「彼女とはうまくいっていない」とか「俺には君しかいない」といった言葉を鵜呑みにして、簡単に男女の仲になったりしたら、そのまま遊び相手にされる可能性も低くないかも。

甘いセリフや思わせぶりな発言などの言葉だけを信用するのではなく、ちゃんと行動を見てから判断をすることが大事ですよ。

「NO」とはっきり言えない

「NO」とはっきり言えない

嫌なことを嫌と言えない、NOとはっきり言えない女性は、最も遊び相手にされてしまいやすい女性であると言えます。

なんでも自分の言いなりになって思い通りにできると感じたら、男性も「キープでも平気かも」といった思いだって芽生えるかも。

「嫌われたくない」という気持ちはわかりますが、断るときには断らないと、自分の意思を伝えることもできません。

お互いに言いたいことが言い合えて、尊重もし合える関係性を築けたら、必然的に本命相手としても意識してもらえるでしょう。

なんでもしてあげる

尽くしてくれる女性に男性は弱いものですが、やはりそれには限度があります。

なんでもしてあげてしまう状態になると、男性もだんだん尽くされるのが当たり前に感じるようになるもの。

それでは結局は、男性はあなたのことを大事にするどころか、都合よく雑な扱いをするようにもなっていきやすいです。

適度な距離感を保った程よい尽くし方ができれば、男性もあなたのありがたみを感じるはずなので、尽くすことが一番にならないようには注意しましょう。

おわりに

素直になるのは大事なことですが、いきなり思いをぶつけすぎるのは危険度も高いです。

男性にいいように利用されるようなことにならないように、まずはきちんと見極める力も身につけたほうがいいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)