食事デートとなると、マナーに気を付けよう! と思う人は多いはず。でも、完璧なマナーを身につけているだけでは、次のデートにつながるとは限りません。

そこで今回は、筆者が先輩ホステスから教わり、実践してきた食事デートのコツをご紹介。

マナー+モテ行動で、次のデートにつなげていきましょう!

マナーだけ完璧でもダメ…?ホステスが教える食事デートのモテ技

彼を立てつつ意思表示

おそらく食事デートの前には、よく「なにが食べたい?」という会話になるのではないでしょうか? でもそこで、「なんでもいい」と答えていると、男性を困らせてしまうかもしれません。

「なにが食べたい?」と聞かれたら、「お肉かイタリアン! 〇〇くんはどっちがいい?」などと答えると、彼も悩まずに済みますし、自分の意見が言いやすくなるはずです。

また、ひとつに絞らず2、3個候補を挙げることで、彼に選択肢を与えることができます。

自分の意見を言いつつ、彼の意見も聞くことができるので、彼を立てることができ、好印象にもつながるでしょう。

お店への配慮でモテる

店員さんや隣のほかのお客にも丁寧な対応ができる女性は、品よく優雅に見えます。彼に対してはいい子でも、周りへのガサツな対応や、配慮ない行動に幻滅してしまった……という男性も少なくありません。

丁寧な対応はもちろんですが、「あの店員さん、いいね」などと、店員さんを褒めるのもおすすめです。店員さんとのコミュニケーションが増えると、食事が楽しくなりデートも盛り上がるでしょう。

「おいしいね」から話題提供

「おいしいね」から話題提供

「おいしいね」と伝えることは大切ですが、それだけでは次のデートにはつながらないはず。次の食事デートを期待しているなら、「次は〇〇食べたいな!」「今日は頼めなかったけどあのメニューも気になるね!」などの一押しが大事です。

「また一緒に来たい!」という言葉を添えることで、男性が「そうだね、また来よう!」と言ってくれる可能性は高くなります。

また、ほかの気になるお店の話題提供をすると、次のデートのきっかけづくりになるでしょう。

割り勘ならスマートに

最近は割り勘デートも多いかと思います。そんなときは、会計前に「外に出たら半分渡すね」と彼を立てる姿勢を見せると、彼に好印象を与えられるはずです。

「割り勘でも店員の前ではかっこつけたい」という男性がほとんどですから、男性にとっては嬉しいことかもしれません。

また、「二軒目は私が出すよ!」「今日は私が出すから、次おごってね」といった割り勘方法を提案するのもおすすめです。

奢られるならプチお礼を用意

彼がごちそうしてくれることが前提なら、ちょっとしたお礼を用意しておくのもモテ行動のひとつ。

お菓子などの高価なものではなくても、感謝の気持ちを用意してきたという姿は、男心をぐっと揺さぶるはずです。

ちょっとした気遣いで、印象に残る女性となれるかもしれません。

おわりに

どんなにマナーが良くても、マナーだけで好印象を残せるわけではありません。せっかくの食事デート、楽しい時間のなかで、気遣いや可愛らしさをアピールできるよう、今回紹介したモテ行動をぜひ実践してみてくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)