いい感じだったのに突然彼の態度が変わった!……と、困惑した経験はありませんか?

じつは、無意識なひとことで彼の気分を損ねてしまっているケース、少なくないんです。

そこで今回は、男性のテンションを下げないために、簡単なコツをご紹介。

ちょっとした言葉で好意が萎えてしまう男性もいるので、要チェックしていきましょう!

男性の好意を「萎えさせる」ひとこととは?言い換え例もあわせて紹介

忙しい→〇〇まで待てる?

なにげなく言ってしまう「忙しい」のひと言も、男性のなかには「断る口実」「相手にされていない」と感じてしまう人もいます。

本当に忙しくても、忙しいという言葉だけだと、そこで“脈なし”と判断する男性も多いんです。

だからこそ、忙しいときは「ごめんね、来週まで待てる?」と言い換えることが大切。

待ってほしいというニュアンスにすることで、本当に忙しいことを示しながらデートに前向きな姿勢を見せることができます。

明日・来週と、いつまで待ってほしいのか明確にすることもコツ。ゴールが見えれば、男性も素直に待ってくれるはずです。

興味ない→無知でごめん!

実際興味がない話題だとしても、正直に「興味がない」と返答すると、男性をがっかりさせてしまいます。

だからといって、無理して知ったかぶりをしたり、彼の話に合わせたりする必要もありません。

自分の話を楽しそうに聞いていた人が、実は全く興味がなかったとわかってしまうと、必要以上にマイナス評価されることも……。

興味がない話題は、あなたが知らない世界とも言えます。だからこそ「無知でごめんね」「その世界は無知だから教えて!」と言い換えてみてください。

上手に聞き役にまわって、男性を立てることができるので、好意を萎えさせるどころか好感度アップにつながるでしょう。

疲れた→いっぱい遊んだね!

疲れた→いっぱい遊んだね!

何気ない「疲れた」というひと言を、「一緒にいて疲れた」と解釈してしまう男性もいます。

デートで疲れたときは「いっぱい遊んだね!」「ちょっと疲れたけど楽しかった!」と、楽しみ過ぎて疲れた、というニュアンスの言葉に言い換えるのがおすすめです。

デートを楽しんでくれたことがわかれば、彼も満足しテンションが下がることはありません。

冗談でしょ→本気にするよ?

彼の好意的な発言に対して、やみくもに「冗談でしょ?」と返してしまうのはあまりおすではありません。

たとえ照れ隠しだったとしても、彼が自分の好意を冗談扱いされたことで、本気にされないと思うはずです。

こんなときは、「本気にするよ?」という言葉に言い換えるとよいでしょう。

彼の言葉を真摯に受け止める姿勢を見せれば、彼の自尊心を傷つけることなく、満足させることができるはずです。

小悪魔のような対応で、彼をドキっとさせちゃいましょう。

おわりに

男性の心は思ったよりもデリケート。

でも、見方を変えれば、言葉をちょっと言い換えるだけで、テンションを左右できるので、扱いやすいはずです。

男心を理解しつつ、言い換え術をマスターして、男性からの好意をチャンスにしていきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)