恋愛シーンで、何かと敬遠されがちな“面倒くさい女”。

「面倒」「重い」と思われたくなくて、我慢を重ねる女子も多いのではないかと思います。

とはいえ、男性に手間をかけさせているのは同じなのに「手がかかるけど可愛い」と彼に言わせている女子もいるのは事実……。

いったい、どんなところがこの2タイプを分けているのでしょうか?

「めんどくさい」と「かまってあげたい」の違いはここ!

これなら可愛い!その1.「要求がはっきりしている」

「何を望んでいるのかはっきり言ってくれる子は、手間はかかっても可愛いです。
何も言わないけど、喜んでるか微妙なのかわかんない子よりずっと楽」(27歳・男性)

「俺の彼女、結構手がかかるんだよ」と言いつつ嬉しそうな男性も多いですね。

「足が疲れたからカフェで休みたい」「夜は和食を食べたい」など、要求がはっきりしていること。

そして、お願いをかなえてもらった時の「ありがとう」がセットになっているのが「かわいい」のポイント。

はっきりしたお願いと「ありがとう!」がセットになれば、男性を喜ばせるめんどくささになるようです。

これなら可愛い!その2.「見返りを求めない」

「彼女はLINEが多いし、即レス派。LINEがマメ過ぎて面倒かも……と思ったこともあります。
でも、返事の催促をされないし『そっちからももっと送ってよ』とも言わない。
送りたいから送ってるんだとわかってからは、彼女の日記みたいなLINEも可愛いなと思ってます」(25歳・男性)

彼より多めにLINEしたがる女子は、一見面倒に思われがち。

でも、行動の根拠が「自分がしたいから」の場合は意外にも面倒な女だと思われないようです。

「せっかくLINEしたから、返事が欲しい」「自分はLINEが来るのが嬉しいから、たくさん送る!」的な下心を感じさせず、「自分がしたくてしている」素直さがあると、マメなLINEも可愛さとして男性の目に映るよう。

これは面倒……その1.「回りくどい」

これは面倒……その1.「回りくどい」

「仕事や友達のことを、私とどっちが大事?って聞かれると面倒ですね……。
『もっと私にかまって』と言えばいいのに、回りくどいですよね」(26歳・男性)

趣味、仕事、友達、ペット……。男性にもいろいろ自分の世界があります。

これに対して「私と○○、どっちが好き?」と果敢に挑んでこられると、男性は身構えてしまうかも。

「キミ」と答えれば「行動が伴わない!」と怒られ、「キミ以外」と言えば絶対キレられる……。

どう答えても怒られると思えば、男性の面倒くささはMAXに。

これは面倒……その2.「察してほしがり」

「突然不機嫌になって、どうしたの?と聞いても『私のことを普段から見てて、好きでいてくれるならわかるはず』
とか言うの、本当にやめてほしい……。それで理由が『PMSだから』なんて言われてもわかりません!」(23歳・男性)

好きな人のことを見守るタイプの愛情も、確かにあると思います。

でも、何でも彼が察してくれて当たり前!という態度は「ハイ出た!わがままクイズ!」と男性をげんなりさせることも。

彼に察することを求めるなら、毎度解けないクイズを出される彼の気持ちも察するべきかも。

一番の面倒は「察すること」

NGな面倒くささに共通するのは「はっきりと言わないくせに、思い通りにならないと怒る」ような態度です。

男性は、手間ヒマかかることが嫌なのではなく、「女子の願望を察すること」「それができないとネチネチ責められること」を面倒に感じています。

素直になればなるほど、彼が私の望みを叶えてくれてハッピー!な状態に近づくと言えそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)