彼のことが好きだし、交際を長く続かせたいし、できれば結婚したいと思っているのに、なぜかいつも関係がこじれちゃって続かない……という女子もいるはず。

無自覚で交際をこじらせる行為をしていれば、誰と付き合ってもうまくは続かないでしょう。

そこで今回は、交際を悪化させる行為をご紹介します。

どうしていつもこじれるの…?交際を悪化させる行為

不機嫌を長引かせる

誰だってたまには、不機嫌になることもあるでしょう。

ちょっとの不機嫌は普通です。

しかし、不機嫌をいつまでも長引かせるのは問題。

不機嫌が毎回長ければ、彼だって『付き合いきれない……』と考え始めます。

不機嫌の間は、不穏な空気が流れ、楽しくない時間が過ぎますよね。

不機嫌の回数が多く長ければ、交際を面倒に感じ「何のために付き合っているんだろう」と彼の気持ちも徐々に冷め、関係は悪化するばかり。

たまには不機嫌になってもいいですが、長引かせないようにしましょう。

プライベートに土足で入る

彼の全てを知らないと気が済まない!

彼と離れていると不安でしょうがない!という性格は恋愛を壊しやすいでしょう。

いつも彼に、いつ、どこで、誰に会っているのかを細く聞いて、全てのSNSで彼とつながって常に監視体制……というのは、彼の心を冷ましやすいですよ。

彼が了承しているのならまだいいですが、多くの人はプライベートに土足で入られるのが好きではないのです。

別にやましいことがなくても、あれこれ詮索されするのは気分が良いものではありません。

交際をこじらせたくないのなら、もう少し彼を信頼し自由にさせましょう。

不満を言わずに態度で示す

不満を言葉で彼に伝えるのではなく、態度で示すのもこじらせる原因。

ドアをバタンと勢いよく閉めたり、大きな物音を立てたり、無視をして怒っているのを表現するのは、ちょっと幼稚です。

彼の言動に怒り心頭で、もう別れる!と決心したのなら、無視をしてもいいかもしれません。

しかし、別れたくないのなら、無視すべきではないでしょう。

言葉が使えるのなら、言葉で気持ちを伝えるべきです。

あなただって、彼に同じことをされたら嫌ですよね?

いつの間にか彼中心な生活…

いつの間にか彼中心な生活…

交際当初、次こそ彼中心の生活になるまいと思っていたのに、いつの間にかまた彼氏中心の生活になってしまって、気づけば重い女に……。

それでは、交際も悪化しやすいです。

男子の中には稀に重い子が好きという人もいますが、大半は重い子は苦手……。

彼氏中心にならないよう、もっと他にも目を向け、気持ちを分散させましょう。

恋愛にのめり込みやすい女子は、彼以外に夢中になれるものを作っておかないと恋愛は危険です。

事前に予防

恋愛って繊細で、かつこじれやすいです。

でも、こじれる原因を知っていれば防げますよね?

ご紹介したことは、極力直しましょう。

こじらせなければ、恋だってもっと楽しめるはずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)