男性とLINEをしていると、返信が遅くて相手の気持ちがイマイチ読み取れないことってありますよね。

返信が早ければ、テンポよくやり取りがつながりますが、遅いと会話も弾まない。しかしちゃんち返信はくる……。

こんなときに男性は何を考えているのでしょうか。男性の本音をご紹介します。

「脈アリかわからん!」男性のLINEの返信が遅いときの本音とは

内容が返信しづらい

「LINEの内容が返信しづらいと後回しになってしまうことがよくあります。すぐに返せないから時間のある時に考えて返そうかなと」(Eさん・27歳男性/会社員)

例えば、長文でLINEが送られてきた時に、短文でLINEを送り返すのは気が引ける。

そんなときに、時間のあるときに文章を作って送るために時間が空いてしまいます。

他にも、「今日はこんなことがあった~」といった日記風のメッセージや「今からお昼ごはんを食べてくるね」などの報告は返信に困るようです。

仕事が忙しいときや人と会っている

「仕事が忙しいときや人と会っている時にLINEが来ても返信できないです。既読がつくのも嫌だから、LINEが来てるなとは思いつつも未読スルーして後回しになってしまうことはあります」(Aさん・30歳男性/会社員)

ビジネスパーソンとして人前でスマホをいじるのは失礼にあたるため、例え恋人からのLINEであっても返信が遅れてしまうことはよくあること。

プライベートだったとしても、「会っている人との時間を大切にしたい」という人もいるので、LINEの返信が来なかった場合、待っている方が無難かもしれません。

暇だと思われたくない

男性からのLINEが遅い理由は?

「好きな人とLINEをしているときに、暇だと思われたくなくてLINEの返信を遅らせたことはよくあります。そんなの意味ないと分かっていても、やっぱり忙しい男って思われたいからやっちゃうんです」(Kさん・25歳男性/会社員)

好きな人の前ではカッコつけたいというのが男性の本音。

「ちょっと忙しくて返信遅れたー」といったメッセージがきた場合、本当に忙しかったかは疑いの余地があります。

しかし、「忙しいなんて大変ですね」といった感じで、男性の嘘にのってあげる方がいいでしょう。

忘れていた

「後で送ろうと思ってそのまま忘れて放置しちゃったことって誰にでもあると思うんです。自分はそれが特に多い。『この前の件、どうなった?』って連絡が来て、気づくってこともよくある」(Wさん・26歳男性/会社員)

忘れっぽい男性だった場合、返信し忘れていることがあります。

「ごめん、LINE忘れてた!」と一度でも連絡が来た人なら、催促のメッセージを送ってあげた方がいいかもしれません。

「昨日の話ですけど、もしかしてまた忘れてますかー?」といった感じで教えてあげましょう。

相手の生活リズムを覚えておくと楽

LINEで返信が来ないと、「何してるんだろう」と気になったり、「嫌われちゃったかな?」と不安になってしまうもの。

しかし、よっぽど相手が嫌がることをしていないのであれば、忙しかったり、人と会っていることで返事が出来ていないことが多そうです。

彼の生活リズムを理解して、「この時間帯は連絡が来ない」ということを覚えておくといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)