未読スルー脈なし?

気になる男性とLINE交換したら、早速やり取りをして仲を深めたいですよね。

それなのに、なぜだか相手がなかなか返事をくれない……。

しかも、そういったことが1度ではないという場合、もしかしたら男性が「面倒くさい」と感じて返信する気がなくなってしまうLINEを送っているのかもしれません。

それではいったいどのようなLINEが、男性に「面倒くさい」と思われるのかを探ってみましょう。

未読スルー脈なし?

何でも報告してくる

食べたものや行った場所など、自分の行動を逐一LINEで送る人は、「自分通信」「私通信」と言って嫌がられてしまうことが多いです。

良かれと思って画像もたくさんつけていると、LINEを開いた時にあなたからの未読が15通とか溜まっているので、面倒くさいと感じる男性もいるようです。

そういったLINEが毎日のように来ると男性は「だから何?」と思ってしまい、わざわざ返信する気がなくなってしまうのです。

「気になってた女性とLINEを始めたら、その日から私通信のオンパレード。最初は返していたけど、あまりに多過ぎて見るのも面倒になりました。詳細に報告されているので、質問することも特になかったんです」(会計/29歳)

報告系はすごく感動した時や、とてもきれいとか珍しい等、「これは見せたら喜んでくれそう」と思ったものに限定し、「おいしかった!」など独り言にならないようにしましょう。

また、彼が興味がありそうな話題に限り、役立ちそうな情報を一言加えると、彼も話に乗りやすくなるでしょう。

愚痴のアドバイスに更に愚痴

好きな男性についつい愚痴や相談を聞いて欲しくて、LINEで送ってしまう人もいると思います。

そんな時、優しい男性は具体的なアドバイスをくれることもあります。

それに対して「でも……」とできない理由や、さらに愚痴を送り続けると「めんどくさっ」となりますし、楽しくないので返信したくなくなります。

「密かに憧れていた子とLINEすることになって喜んでいたのですが、愚痴が多くて、元気付けようと返信しても『でも、でも』と愚痴が続いて。だんだん気分が滅入ってきて、返信しないままになってしまいました」(人事/32歳)

もし愚痴っぽいことを送ってしまっても、アドバイスをくれたら「ありがとう!元気出た」と前向きに終わらせるようにすれば、男性も「力になれて良かった」などと返信しやすくなりますよ。

頻繁に「会いたい」と送る

知り合って間もない男性や、まだ相手があなたに関心を持っているか分からない段階で、「会いたい」という意味のことを何度も送ると引いてしまう男性は多いようです。

「友達の集まりで知り合った女性とLINE交換したのですが、数回のやり取りから会いたい攻撃が始まりました。まだ気持ちがついていかなくて、初めはやんわり断っていたのに、それでもしつこいので『またか』と。

だんだん断るセリフを考えるのも面倒になってきて、返信しなくなってしまいました。」(通信/26歳)

また、あまり早急に会いたがられると、男性によっては少し怖いと思う人も。

相手との距離の詰め方が自分本位になっていないか振り返り、一度誘っていても反応が薄いようならしつこく繰り返さない方が良いですね。

まずは楽しいLINEのやり取りで仲を深めていきましょう。

仲良くなる前に疎遠にならないために

仲良くなりたくてLINEを送っているのに、面倒くさいと思われて返事が来なくなってしまっては本末転倒ですよね。

あなたは男性に「めんどくさっ」と思われるようなLINEを送っていなかったか、内容を振り返ってみてくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)