付き合っていて女性の側の心や体が傷つくようなモラハラ男との交際は避けたいもの。

今回は、デートで「この人はやばい」を見抜ける言動をまとめました。

付き合う前のデートでわかる!隠れモラハラ男性がやりがちな言動

おごってくれるが、恩着せがましい

デートでおごってくれるかどうかは、ちょっと気になるポイントではないでしょうか。

割り勘でも、おごりでも“正解“はありませんが、大事なのはお互いが納得して支払いをすること。

たとえば、こちらが割り勘を主張しているのに絶対に払わせてくれず「おごってあげたんだからもう一軒付き合ってよ」などの、恩着せがましい発言が少しでも見えたら要注意です。

会社名や大学名を聞いたらバカにする

モラハラ男の特徴の一つは、プライドが高く自分より上の人を認めないこと。

自分よりも下だと認識している女性と付き合って、見下すことで自分のプライドを保って生きているので、相手が自分より上だと思ったら否定するのです。

女性の会社名や大学名などが自分よりもランクが上だとされているところだと聞いた瞬間に「でも、○○大出身のやつって使えないんだよね」などバカにしはじめます。

他の客に聞こえないように見下す

ご飯を食べているときに「あの客、服装おかしくない?」「あの料理にあのワインはないだろう」など、他のお客さんの行動や外見をバカにするような発言が見えたら気をつけたほうがいいでしょう。

しかも、本人には聞こえないようにネタにして笑っているようであれば、完全にモラハラ男の要素あり!です。

家でテレビを観ているときや、電車に乗っているときなどにも他の人をバカにして笑うようなことがあったら、付き合ったらその対象は自分に向くと思ったほうがいいでしょう。

家族や身内に厳しい

家族や身内に厳しい

モラハラ男は、外面は良くても家のなかでは別人のように豹変します。

だから、彼のモラハラ要素を見極めるには家族への対応をチェックするのが手っ取り早いですよ。

親や兄弟に対して「あいつはバカだ」「あいつは考えが甘い」と厳しい意見を言ったり、気に食わない親戚に対して見下すような発言が見え隠れしたら、距離を置いて付き合わないのが正解。

モラハラVSマザコンで比較するのだったら、身内に優しいマザコン男性のほうがよっぽどマシかもしれません。

違和感を感じたら突っ走らないのが正解

「この人、いいな」と思っていると悪いところって見えにくいんですよね。

とくに、付き合う前はモラハラ男だって自分のマイナスな面は見せないようにしますから、事前に分からないでうっかり付き合ってしまう女性も多いんです。

ただ、どこかで発言にモラハラ感って絶対出ているはず。

ご紹介したような発言に当てはまるものがあったら、「結婚したらまた変わるかも」なんて期待して付き合ってしまわないように気をつけてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)