気になる男性がいて、いざデートできることになったら、そのチャンスを大いに活かしたいはず……。

しかし、せっかくのデートなのに何気ない言動で、好きな人に引かれて、「彼女にできないな」と思われてしまうのは、悲しいですよね。

そこで今回は、気になる男性とのデート中、どのような言動がNGとなるのかをご紹介。

デートで失敗をしないために注意しましょう。

「彼女にできない…」男性が引いてしまうデートでのNG言動

酔いつぶれる

デートでお酒を飲むのは、大人の気分が味わえて良いですよね。

でも、あまりお酒に強くない人や、「酒癖が良くないね」と言われたことがある人は要注意。

ほろ酔い程度なら「かわいい」と思われても、泥酔した女性は嫌がる男性が多く、「酒癖が悪い女性とは付き合いたくない」と内心引かれてしまうことに……。

口当たりが良いカクテルは、自分でも気づかないうちに飲み過ぎてしまう傾向にあるので、特に注意しましょうね。

ベタベタし過ぎる

まだ付き合ってもいないのに、やたらベタベタするスキンシップが多いと、「軽い女なの?」と思われて引かれてしまうことも多いです。

そのため彼女としては、NGと判断されてしまうかもしれません。

過度なスキンシップを喜ぶ男性もいますが、そういう男性はたいてい下心のほうが大きくて、真面目に付き合おうと考えていないはず。

また、当初はあなたに対して割と真剣だったのに、過剰なスキンシップのせいで「軽そうだから、遊び候補」とされてしまうことも……。

そんな悲しい結果を避けるためにも、スキンシップはほどほどにしておきましょう。

店員さんに横柄

店員さんに横柄

異性には甘えて話すのに、お店の人に対してはどこか冷たい感じで話す人は、男性の心の中で「あれ?」と警戒サインが光るでしょう。

他にも、店員さんにどことなく上から目線であったり、過度にタメ口や威張ったりなど、横柄な態度も印象が良くありません。

お店の人にそういう態度を取るということは、目下の人にもそういう態度を取りがち……。

そういった二面性がある女性を「彼女にしたくない」と思う人は多いのです。

このような場面を垣間見て「これが本性なのかな?」と引かれてしまいますので、気をつけましょう。

チャンスを台無しにしない!

気になる男性とデートまでたどり着けたのは、とても喜ばしいこと。

うまくいけば、お付き合いすることになるかもしれないので、とても大切な時間ですよね。

それなのに、ちょっとした言動で台無しになってしまったら、悔やんでも悔やみきれないはず……。

男性が「彼女にはできないな」と思うような言動はしないように、気をつけてくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)