よかれと思った行動が逆効果になってしまった……なんて経験は、筆者だけではないと思います。

ちょっとした行動で、気になる彼との関係が悪くなるのは悲しいですよね。

だからこそ、逆効果になる行動を知っておけば、未然に失敗を防ぐことができるはず!

そこで今回は“気になる男性にしないほうがいいこと”をまとめました。

じつは逆効果…!気になる男性には「しないほうがいいこと」4つ

過去の恋愛話をする

仲が深まっていくうちに、つい過去の恋愛話をしてしまう人も少なくないと思います。

でも、過去の恋愛話は“しない”に尽きます。

気を惹きたいからと、辛い過去の恋愛話をするのも逆効果。ネガティブな印象を持たれてしまう可能性も大きいですし、実際は違っても「男遊びが激しい」「面倒なタイプ」と彼が誤解してしまう場合もあります。

過去の恋愛話を聞かれたら「半年前に別れてからはなにもないよ」など、オブラートに包んで答えるくらいがベストです。

女子力アピール

料理の腕や自分磨きの努力など、彼に聞かれてもいないのに女子力をアピールするのも控えたほうが賢明です。

女子力アピールは、ガツガツした印象につながりやすく、引いてしまう男性も少なくありません。

「聞かれたら答える」が、男性にガツガツした女性と思われないコツ。

積極的な姿勢も大切ですが、自分をもっと知ってもらおうと自己アピールしすぎると、逆効果になりやすいように思います。

お節介な行動

お節介な行動

彼のためと思った行動が、ときにはお節介な行動になってしまうことも。

男性は自分のペースで行動したい人が多く、お節介な女性が苦手という方も少なくありません。

「〇〇くんが好きって言ってたから」とプレゼントとしたり、お世話したりしようとすると、吉と出る場合もありますが、場合によっては重たい印象につながることも……。

頼まれていない行動は、遠慮しておくほうが正解。どうしてもプレゼントしたい場合はお土産など、お菓子程度がベストです。

感情的な姿を見せる

感情的な姿も、男性にマイナスイメージを与えてしまいやすい傾向にあります。

彼に泣きついたり、感情的に愚痴を言ったりするのは危険な行動。面倒くさい女性だと思われて、距離を置かれてしまうかもしれません。

男性の多くは、感情論が苦手な傾向にあるようです。

相談したり話を聞いてほしいときは、気持ちが落ち着いてから冷静に話すよう意識してみてください。

おわりに

筆者は、今回紹介した4つの行動をすべて実行して、失敗を重ねてきた側の人間です(笑)。

もちろん失敗から学んだことがあるからこそ、失敗を活かせているところもあると思うのですが……。

避けたほうがいい行動を先に知っておけば、失敗を回避でき、きっと後悔を最小限に止められるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)