彼に好印象を抱いてもらうには、最初の一時間が勝負。

「会った瞬間」に、人の印象はだいたい決まります。

そうなると、できるだけ短時間の間に、自分の魅力をアピールしたいですよね。

大切にしたいのは、本当に簡単なこと。

でも、簡単なので、多くの人が見過ごしがちなポイントなんです。

ちょっと意識するだけで、男性の心をつかめますよ!

キュンとくる女子の言動

最初の笑顔

人の記憶に残りやすいのは、最初と最後と考えられています。

要するに、「出会った瞬間」と「別れ際」。

「最初の印象」は、そのまま「あなたの顔」として覚えられることになるもの。

笑顔をずっとキープするのは難しいですが、最初だけはとにかく笑顔を心がけましょう。

「笑顔」は人の心をなごませる効果があるだけでなく、相手が心を開きやすくなる効果もあります。

仲良くなるためには、必須アイテムと言っても過言ではないはず。

ただ、すこし注意してほしいのが、あなたの「100%の笑顔」は周りから見ると、「20%の笑顔」に見えていることもあるということ。

大人になると笑うことが減ってしまうので、「笑顔」の筋肉が衰えてしまいがち……。

自分で思うよりも、少し大げさなくらいの笑顔を作るくらいで、ちょうどいいですね。

あいさつと自己紹介

さきほど最初の印象が大切とお伝えしましたが、意外と多くの人がおろそかにしやすいのが「あいさつ」と「自己紹介」です。

「あいさつ」はあなたが最初に彼と交わす言葉。

「あ……どうも」では「好印象」にはなりにくいと思いませんか?

「こんにちは」「はじめまして」それだけで十分。

名前を事前に聞いていた場合は、改めて自分の言葉で聞いてもらうと、あなたの「顔」と「声」もセットで覚えてもらいやすいでしょう。

自己紹介のときは「〇〇△△です」とフルネームではっきりと伝えるようにしてくださいね。

「なにを話せばいいのかわからない」と悩んでいる人も、これだけで好印象に映るでしょう。

さりげない気遣いを1つ

初対面から1時間の間に、気遣いのすべてをつめこまなくてもOK。

彼と会っている間に、さりげない気遣いを「ひとつ」だけしてみましょう。

たとえば、彼の服にゴミがついているのを取ったり、コーヒーに入れるための砂糖を言われる前に渡したり、時計をチラっと見たら「時間大丈夫?」と聞いたりなど……。

ちょっとしたことで、大丈夫です。

なにかひとつ彼の行動を集中して観察し、気遣いや配慮のある行動をしてみてください。

それだけであなたは「気遣いのできる子」という印象を残せるはず。

おわりに

どれもこれも「そんなことで?」と思うかもしれません。

でも、「当たり前のことを当たり前にできる」と「いい子だな」と思ってもらいやすくなります。

1時間の間にできることには限界がありますので、あれこれ詰め込まないよう気をつけてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)