好きな男性が相手だと、ウソをつかれていても気づかないことってありますよね。

好きな人のことは、信じたくなってしまうもの。

しかし、あなたも知らないうちに彼からウソをつかれているかもしれません。

そうならないために、ウソを見抜く目を持つようにしましょう。

今回は「O型男子がウソをついているときのサイン」をご紹介いたします。

O型の彼氏を持つ人は必見です。

O型男子が「ウソをついている」ときのサイン

自分の気持ちを素直に表現しなくなる

O型男子は基本的に正直者。

いつもの彼は、自分の感情を素直に表現します。

なにかしてもらったら、「嬉しい! ありがとう!」と喜んだり、「大好きだよ」「いつもありがとう」「楽しいね」と気持ちを言葉したり…。

そんな彼が、モゴモゴと口ごもっていたり、口数が減ったりする場合には、ウソをついているサインかもしれません。

その場合は、 「あれ、今日は何だかおかしいね?」「どうしたの?体調悪い?」などの言葉で、さりげなく探りをいれてみましょう。

手の動きからウソを見抜く

O型男子はかなり大きなリアクションをしがち。

そこで、彼の動きに注目するのがポイントです。

とくに手の動きは、目や表情よりも動きが大きいので観察しやすく、心を読むのに適しています。

たとえば、ポケットに手を入れているときは「自分の気持ちを読まれたくない」という気持ちが強く、腕を組んでいるときは警戒心が強いと考えられます。

そして、手で目・耳・鼻など顔のパーツを触っているときは、ウソをついている可能性アリ。

さらに手で口元を隠しているときは、思っていることをうっかり口に出さないようにガードしているサインです。

言いまちがいはウソと表裏一体?

O型男子の彼は、ちょっぴりそそっかしく、本来は隠したい本音をうっかりと口に出してしまいがち。その「うっかり」として注目したいのが、彼の言いまちがいです。

言いまちがいや読みまちがいなどは、心理学では「錯誤行動」と呼ばれます。

この錯誤行動には、自分でも意識していない願望や衝動が表れるのです。

そのため、彼の言いまちがいには本音が含まれていることが多いでしょう。

なかなかウソが隠しきれず、錯誤行動としてポロリと出てしまう場合があるのです。

とくに、彼の気持ちがたかぶっているときには言いまちがいが起こりやすいので、聞き逃さないようにしましょう。

大声・逆ギレはウソの表れ

O型男子は、やや感情的なところがあります。

隠しごとがあるときに痛いところをつかれると、急に大声を出したり、逆ギレしたりする傾向が。

高圧的な態度をとることで、この話題には触れてくれるなと警告を出してくるのです。

ウソがバレる前に威圧によって話題をすり替えるという彼なりの手法ですから、ひるまず冷静になってウソを見抜いてください。

大声・逆ギレはウソの表れ

おわりに

ウソをついてくる男性と付き合いつづけるのは時間の浪費。

男性からのウソを見抜くことは、あなた自身のために重要なことなのです。

そこで、彼のちょっとした仕草や話し方から、初期段階でウソを見抜きましょう。

とくにO型男子は、言いまちがいや逆ギレが多いとき要チェックです。

O型の彼は基本的に素直。ウソをつくのは苦手です。

分かりやすい性格なので、思い切って突っ込んでみるのが有効ですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)