恋のはじまりはLINE交換から!という流れもいまではすっかり当たり前になりました。

コミュニケーションの機会が増えると、恋は大きく前進します。

とはいえ、LINEを交換したあと「どんなやりとりをすれば、相手と恋の雰囲気になるの?」悩んでいる方も多いよう……。

そこで今回は恋人候補として意識してもらえるLINEの例文をまとめてみました。

これは使える! 異性として意識してもらうLINE例文

ほかの子の存在を気にしている内容

・「○○ちゃんと仲良しなんだね~」
・「○○ちゃん、可愛くてうらやましいって思っちゃう」

これは他の子が気になって仕方ない! という気持ちが伝わるLINEです。

男性も「それを気にするってことは、この子、俺に可愛いって見られたいのかな?」と考えるもの。

みんなで遊びに行ったあとや、他の子がちょっと話題になったときなどに使えそうです。

あまり真剣な雰囲気ではなく、スタンプなどを混ぜながら、少しおちゃめな感じで送ってみるのがおすすめです。

過去の「嬉しい」を伝える内容

・「あのとき声かけてくれたの、嬉しかったんだよ~」
・「前も誉めてくれたよね。○○くんはすぐに気づいてくれるから嬉しい!」

嬉しい気持ちになったときに、それを伝えるのもいいですが、以前彼にしてもらって嬉しかったことを、改めてLINEで伝えてみるのもおすすめ。

「あのこともまだ覚えてるってことは、俺のこと意識してくれてるのかな?」と考えてしまうので、相手も意識してしまうはずです。

頼りにしていることを伝える内容

彼をその気にさせるLINEテクは?

・「○○くんがいてくれると安心する」
・「今日は付き合ってくれてありがとう」

男性は、女性から頼りにされると嬉しい生き物。

一緒に過ごした時間があったり、なにかを手伝ってもらった後であれば、このLINEが使えるかもしれません。

もうワンランク上を目指すなら「なぜ安心するのか」「なぜ頼もしく思うのか」その理由も伝えられるのが◎。

発言に信ぴょう性が増し、男性はもっと嬉しくなるはずです。

一緒にいることを喜ぶ内容

・「○○くんが一緒でホント楽しい!」
・「○○くんがいるから頑張れるよ」

一緒にいられることを喜ぶ内容ならば、シンプルに好意を伝えられます。

もちろん、それが友人としてなのか、恋愛対象としてかまでは彼に伝わりません。だからこそ「相手を意識してしまう」効果が期待できます。

このLINEに関しては、飾らずまっすぐに気持ちを伝えるのがおすすめ。

こちらから好意を匂わすというより、親しみを感じてもらって、相手のほうから異性として気にしてもらえるのを待つイメージです。

おわりに

毎日使えるわけではありませんが、彼と同じ時間を過ごした前後には、きっとどれかが使えるものがあるはずです。

いまのふたりに合ったLINEを送って、彼のなかでも意味のある言葉にしてもらいましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)