たとえ可愛い女の子でも“性格ブス”であったら、やはり男性は恋愛対象には見ることができないもの。

だからこそ、気になる男性にそう思われないように、注意は必要でしょう。

そこで今回は、“性格ブス”と認定されちゃう女性の特徴を紹介します。

付き合えない…「性格ブス」認定されちゃう女性の特徴

“人の幸せ”にケチをつける

人の幸せを素直に喜んだり祝福したりできない女性は、「嫌な女だな」と思われてしまうもの。

喜べないどころか、「すぐ別れそうなカップルだよね」なんてケチをつけたりしたら、最悪な印象を持たれることになるでしょう。

仮にその人のことが好きではないのだとしても、やはり幸せは祝福してあげるべきです。

わざわざ欠点を探すようなことをするのは、まさに性格の悪さが前面に出ている行動なので、男性からは引かれるだけですよ。

素直に謝らない

誰しもが、何かしらのミスや失敗を犯してしまうことは絶対にあるもの。大切なのは、そこでちゃんと素直に謝罪の言葉を述べることができるかどうかです。

頑として自分の非を認めなかったり、責任逃れをしたり、自分が悪いのに不機嫌になったりする女性は、男性からも確実に嫌われてしまうだけ。

そんな女性に好意は抱かないでしょうから、そもそも恋愛対象としても見てもらえなくなりますよ。

必ず自分中心にする

常に自分が中心になっていないと気が済まない女性は、男性からすると本当に面倒に感じる女性です。

「私が私が」と、いつも自分の話ばかりをする女性と一緒にいると、ドッと疲れが溜まる一方です。

また、自分が話題の中心じゃなくなると、すねたり不機嫌になったりする女性には、ただただうんざりするだけ。

自己顕示欲や承認欲求が強すぎると、「付き合ったら大変そうだな」と確実に思われるので、男性からは距離を置かれてしまいますよ。

偉そうに否定をする

偉そうに否定をする

男性は女性から頼りにされたいという気持ちがあるので、否定や拒絶をされると、かなりショックやイラ立ちを感じるもの。

さらに、上から目線で偉そうに批判をされた場合には、敵意すら抱くかもしれません。

アドバイスをしたつもりでも、態度や言い方が偉そうであると、ありがたみなどは一切感じられないはず。

上から意見を言うのではなく、「一緒に考えよう」とか「サポートをします」という接し方にすると、逆にかなり好意的に思ってもらえるようになりますよ。

おわりに

他人への思いやりが見られない女性は、“性格ブス”という認識を持たれることになるだけ。自分のことばかりになると、どんどん周囲から人も離れていってしまいますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)