好きな人ができると、言葉以外のサインでも、好意があることをアピールしてしまいますよね。

口ベタなので、「好き」と直接言うのは恥ずかしいけれど、態度や行動でなら積極的に示せる……なんて人もいるみたい。

せっかくなら、そんな可愛らしい男性からの好意のサインに、ちゃんと気づいてあげたいですよね。

今回は、男性が「好き」という言葉以外で好意を示したいときにする、愛情の詰まった行動をご紹介します。

言葉だけじゃない!男性からの意外な「好き」アピール

積極的に手を繋ぐ

デート中、積極的に手を繋いでくれるのは、もちろん「好き」のサイン。
ただの友達や遊び相手とは、わざわざ手を繋がないはず。

たとえば、歩いている途中で2人の位置が変わったのに繋いだまま。
何かしらの理由で一旦離したりしたにも関わらず、すぐに繋ぎ直す。

そんなときは相当あなたのことが好きな証拠。

特に、階段で王子様のように手を差し伸べてくれる場合は、あなたを「愛しい」と思っている気持ちの表れでしょう。

周りの目を気にするより、好きな女性を特別扱いしたい気持ちが優っているのかも。

ニオイをかぐ

彼があなたの首筋や髪に顔を寄せてニオイをかぎたがるのも、好意の表れ。

実は、生物的に相性がいい(遺伝子が遠い)相手の匂いは「いい匂い」と感じるのだそうです。

つまり、彼があなたのニオイに夢中なのは、遺伝子レベルであなたのことが好きだから……!
なんだかロマンチックですよね。

人前でベタベタするのが苦手な男性の場合は、二人きりになった瞬間、
「今がチャンス!」とばかりにニオイをかいでくることも。

あなたのニオイに対する彼の反応を確かめたければ、
わざと二人きりになれる場所へ行ってみるのもいいかも。

顔をさわる

顔をさわる

男性があなたの顔をさわってくるのも、「好き」な気持ちがあふれてしまっている証拠。
かわいすぎると我慢できずに、ついさわりたくなってしまうそう。

たしかに動物や赤ちゃんを見て「かわいくてたまらない!」と思ったとき、手を伸ばしてふれたくなりますよね。

特に男性は、女性のふっくらとした頬や、プルプルの唇に惹かれることが多いもの。

顔にさわれられて彼からの好意を感じたいときは、チークやリップに力を入れてメイクしてみて。普段と違うあなたの雰囲気に、思わず彼もふれたくなるでしょう。

好意のサインを見逃すな!

最終的にはしっかりと、「好き」を伝えてほしいのはみんな同じ。

しかし男性によっては、好きな女性から脈アリな反応がなければ、告白を諦めてしまうこともあるはず。

口ベタな彼からのアピールに気づいたら、あなたからも好意を示してあげて!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)