彼が返信したくなくなるLINE

男性にとって、女性からの好意が感じられるLINEは嬉しいものです。

でも、LINEの内容によっては、せっかくの好意も台無しになってしまうことも……。

今回は「げんなりLINE」について、男性の気持ちを探ってみました。

彼が返信したくなくなるLINE

質問攻めする

彼から「好きだよ」と言ってもらいたくて、LINEで「私のこと好き?」「もしかして嫌いになった?」などと質問してしまうことはありませんか?

デート中にイチャイチャしながら、お茶目に可愛いらしく聞くならまだしも、LINEで「好き?」を押し付けられては、残念な印象を持たれてしまいます。

「またこれかよ……」なんて男性に思われないためにも、好意の質問攻めには注意しておきましょう。

日記のようなLINE

「新しい服を買いに行った」「今日はなんだか眠かった」などの日記のようなLINEは、少し気をつけておかないと、男性を困らせることがあります。

相手との会話を楽しんでいるつもりでも、一方的な内容は、ほぼ「ひとり言」のように感じるものです。必ずしも自分の話に相手が興味を持っているとは限りません。

相手が「どんな会話を望んでいるのか」を考える配慮も必要です。

「もうすぐ春だから、春デートにピッタリな服を買いに行きたいんだけど、もしヒマがあるなら、一緒に来てくれないかな?」など、したいことの目的がわかる内容なら、彼も返事に困らないはずです。

彼に知ってもらいたい情報は、一方的にならないようにしましょう。

LINEを交換したばかりの連投

気になる異性とLINEを交換できると、男女問わず嬉しいものです。相手のことを「もっと知りたい」とも思うかもしれません。

とはいえ、知り合って間もないうちに、ひっきりなしにLINEがあると、さすがにちょっと引いてしまうかも……。

もちろん、ラブラブ期の彼氏彼女や、もうすぐ付き合えそう……!という雰囲気なら、男性側も嬉しいかもしれません。

しかし、LINEを交換したばかりなら、相手のようすを見ながらLINEしましょう。ひとつの話題をゆっくり話し合えるようなLINEがおすすめですよ。

相手の行動を知りたがる LINE

男性は論理的に考えがちなので、「それを聞いてどうするの?」という話題が続くと、げんなりすることがあります。

特に「いまなにしてるの~?」「今日お休みだけど、どこかお出かけ中?」「昨日何食べたの?」など、相手の行動をさぐるような質問には要注意。

たとえば、「新しくできたお店が気になるんだけど、一緒に行かない?」など、なにをどうしたいのかがわかるLINEなら、男性もげんなりしないでしょう。

仲を深めたい、誘いたいといった理由が伝わるLINEなら、彼も嬉しいはずです。

おわりに

上手に使えば、一気にふたりの仲を深めてくれるLINE。ただし、直接会って話すよりも、伝わる情報量が少ないことは覚えておきましょう。

それだけに、彼に間違った印象を伝えてしまうこともあります。

逸る気持ちは少し控えめに、意図が伝わるよう、丁寧なコミュニケーションがおすすめです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)