彼にアプローチをするうえで、脈のあるなしは大切なポイント。

やっぱり誰だって負け戦はしたくないですからね……。
それに彼の好意がわかっていれば、あなたも不安にならずにLINEやデートを楽しめるはず。

そこで今回は男性が見せるさりげない“脈アリサイン”についてご紹介します。

意外とわかりやすい?男性が見せるさりげない「脈アリサイン」とは

こまめにLINEを送る

「単純に好きな子とのLINEってテンションが上がるので、こまめに返信しちゃいますね」(28歳/営業)

LINEが苦手な男性もいますが、気になる子にはつい連絡しちゃうとの声が。それだけ本命女子のことを、会えない時間も考えているのでしょう。

たとえばデート後に彼からのLINEが増えたら、脈アリ度はかなり高め。既読スルーされるようなら、やっぱり次につなげるのは厳しいかも。

LINEの量は、何だかんだで脈アリを知るひとつの目安になるでしょう。

気づいたら彼がそばにいる

「つい好きな子を目で追っちゃって、気づいたら視界に入っていることがある。気味悪がられていたらどうしようって思うんだけど、これはもう無意識なんだよね」(21歳/大学生)

こちらは学校や職場など、普段から関わりが多いケース。あなたを意識しているからこそ、つい近くに寄ってきてしまうのかも?

もし彼が気になるなら、フランクに話しかけてみるとよさそう。

内容は「今日いい天気ですね!」「朝ごはん食べてきましたか?」など、何でもよし! 

そこから交流が広がって、デートに誘ってもらえるかもしれませんよ。

あなたの目を見て、会話を楽しむ

あなたの目を見て、会話を楽しむ

「好きな子が話しているだけでつい見とれちゃいますね。どんな話であっても聞くし、『気づいたらもうこんな時間』ってこともよくある」(29歳/建築)

興味のない相手の話は「早く終わってくれないかな」と思うもの。

すぐにお店から出られるよう、イスから体をはみ出したり、その場しのぎの適当な相づちになりがち。

あなたに好意があったら、「もっと一緒にいたいな」と思うはずです。そのため体ごとあなたに向けますし、きちんと目を見て話を聞くでしょう。

彼と食事をしているとき、どんな態度をしているか、ぜひ観察してくださいね。

おわりに

「好きだからこそイジメたくなっちゃう」と思う人もいれば「好きな子には甘々になる」と思う人もいます。

いずれにしても好意を完璧に隠しきれる人って、そうそういないはず。

どんな行動であれ、彼が自分を特別扱いしているかどうか、きちんと見極めたいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)