自分では手ごたえがあったのに、初デートが次につながらないことってありませんか?もちろんタイプや相性の問題もあるでしょう。でも何度も、同じことが続くようなら、一度デートを見直すべきかも。

実は予想外のことが、うまくいかない原因になっていることも……。初デートでやってしまい、男性に「ないわ…」と思われる行動についてご紹介します。

初デートでやったら、男性に「ないわ…」と思われる行動・3つ

無言or15分以上の遅刻

「5分遅れる場合でも、一言連絡は入れてほしい」(27歳/営業)

「遅延ならまだしも、それ以外の理由で15分以上遅れるのはアウトかな。印象悪いです」(29歳/編集)

特に初デートって「もし相手が来なかったらどうしよう……」って不安がありますよね。そのため無言の遅刻はハラハラするもの。

ただ仕事がギリギリだった、電車が混んでいたなど、多少約束に遅れてしまう場合もあるため、そのときは必ず連絡を入れましょう!

「すみません、5分遅れそうです」の一言で大分安心できるはず。

あとは大幅な遅刻は論外。よっぽどのことがない限り、わざわざ次もまた会おうとは思わないでしょう。

とにかく質問攻め

「仕事はまだしも、年収や出身大学まで聞いてくるのはちょっと……。不快な気分になります」(27歳/IT)

結婚を考えると、仕事や学歴、家庭環境などの情報は気になるところ。でも根掘り葉掘りの質問は、デートではなくただの面接かも。それにいくら彼が高スペックでも、気が合わなきゃ交際はできませんよね。

初デートでは一旦スペックは抜きにして、彼の性格や相性を重視しましょう。そして数回デートをして、彼が心を許してくれたら、深いところに踏み込んでいきましょうね。

愛想が悪い

愛想が悪い

「会ったときから、どことなくイライラしている感じがしたのですが……。デート中も口調が強く、そっけなくて怖い印象しかありませんでした。帰宅後『今日はありがとうございました!』とかわいいLINEが来たけれど、正直どうしたらいいのかわからなかった」(29歳/販売)

愛想が悪く、あからさまに男性を批評しているタイプ。わかりやすい子というより、「怖い」「性格が悪そう」と思われる可能性が高いです。

ハッキリ物事を言いすぎてしまう人は、相手の反応を見て! 

もし雰囲気的に「やっちゃったな」と思ったら、その場で謝ったほうがいいかも。そうすれば、変な誤解をされずに済むでしょう。

おわりに

「この子扱いづらそうだな」と判断した場合、男性もフェードアウトする率が高くなるよう。

初デートでは品定めをするよりも、自分の良さをさりげなく伝えるほうに徹するべきかもしれませんね。

初デートを次につなげて、幸せをつかみましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)