お金の使い方って人それぞれ。

でも、自分では普通だと思っていたお金の価値観が、周囲からすると「もったいない……」と思われがち。

特に男性から浪費家認定されてしまうと、交際は厳しいものに……なんてことも。

そこで今回は男性が思う「浪費癖女子」について、リサーチしてみました!

ついついやりがちだけど…。男性が思う「浪費癖女子」とは?

似たようなものを何個も買う

「彼女は化粧品が好きらしいんだけど、頻繁に似たようなものばかり買っている。
正直『もういらなくない?』って思いますね」(28歳/販売)

いわゆる「無駄遣い」扱いされちゃうもの。

たとえば色違い購入やストック買い、まだ他のがあるのに、つい「安いから」と買ってしまうなど……。

特にコスメはプチプラ商品も多いので、つい手が伸びてしまいますよね。

でも男性からは、「いまそれ必要?」「同じようなの持ってなかった?」と浪費家認定されてしまうかもしれません。

使用期限が過ぎて捨てるのももったいないので、こちらは意識して気をつけたいところですね。

貯金ゼロはちょっと…

「女友達が『私、貯金できないんだよね~!』って言っていたんだけど、たしかにブランド品や旅行大好きタイプ。
友達にはいいけれど、こういう子と結婚したら先が思いやられそう」(25歳/メーカー勤務)

貯金ができず、「あればあるだけ使っちゃう」という女子も一定数いますよね。

もちろん他人のお金をとやかく言えませんが、交際や結婚を考えると除外されがちに……。

まずはたとえ貯金がなくても、それを公にしないことが大切。

最近では家計簿アプリも多くあるので、それを活用するのもアリでしょう。

ちょこちょこ買いも危険!

ちょこちょこ買いも危険!

「うちの職場はそこまで給料がいいわけじゃないんだけど、毎日のようにコンビニ飯やス〇バを飲んでいる子がいる。

それなのに『お金ない~!』が口グセ……。
ちょっとだらしなく見えちゃうよね」(31歳/人材)

コンビニスイーツがご褒美の人もいれば、毎日食べるのが当たり前の人もいます。

いずれにしてもお給料に見合わない「ちょこちょこ買い」は、節約も自制もできない印象に……。

毎日お弁当を作るのは難しいでしょうが、まずは週1からトライするなど、自分に合ったお金の使い方ができるといいですね。

おわりに

大きい買い物だけじゃなく些細な金額でも、ちりも積もれば山となるもの。

男性もそれがわかっているからこそ、日々の無駄遣いが多い女性を、浪費家認定するみたい。

購入前に一度、「これっていま本当に必要かな?」と、自問自答するのが大切かもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)