女性とLINEで会話をしているときに、ドキッとするようなことを言われたら、男性の心は揺さぶられるはずです。

「俺のこと好きなの?」なんて感じ始めると、今度は男性のほうがその女性のことが気になり出すかもしれません。

そこで今回は、男心を揺さぶっちゃう「ドキドキLINE」を紹介しますよ。

俺のこと好きなの?男心を揺さぶっちゃう「ドキドキLINE」

改めて「個別LINE」を送る

友達たちとのグループLINEで色々と会話をしたあとに、個別のLINEでふたりだけで話す。

これはなんだか、みんなに内緒の時間を持っているような感じがして、妙にドキドキしてしまうもの。

「さっきの話なんだけどさ」と、まずはグループLINEで話したことに触れながら、それとは別の会話も楽しんだりするといいかもしれません。

ただ、グループLINEで色々と話したあとでもあるので、そこからさらに長時間の会話をするのは、さすがに男性もうんざりでしょうから、短めで切り上げるようにしましょう。

冗談っぽく「大好き」と言う

女性から「好き」と言われたら、男性はドキッとしないはずがありません。

しかも、LINEの場合は、それが文字で示されて残っていくので、インパクトはさらに大きいかも……。

真面目な告白のような「好き」は言えなくとも、「助かりました!大好きです!」なんて、ちょっと冗談っぽくであれば言いやすいはず。

感謝やお礼の言葉を述べる際には、喜びを伝えるどさくさに紛れて「大好き」とつけ加えてみるのもひとつの手ですよ。

「またLINEしてもいい?」と聞く

好きな男性とのLINEの会話を終える際に、ただお礼と言うだけではそれほど印象には残りません。

でも、最後に「またLINEしてもいい?」と聞くと、男性をかなりドキッとさせることができるはず。

「俺ともっと話したいんだ」と感じるので、「俺に気があるのかな?」という思いにだってなるでしょう。

最後の最後にそんなセリフを言われたら、男性の頭にもずっと残り続けるので、きっとあなたのことを意識せずにはいられなくなりますよ。

いつまでも「続けたがる」

いつまでも「続けたがる」

女性のほうからはLINEを終わらせようという気配が全く見られないと、「俺ともっと話していたいんだな」と思うはず。

なんとなく自分への好意を感じる瞬間でもあるので、素直にうれしい気持ちにもなることでしょう。

しかし、あまりにもダラダラと長話を続けすぎると、苦痛に思われる危険性も出てくるので、やりすぎは禁物。

男性の返信に「じゃあ」とか「また」といった単語やスタンプが増えてきたら、終わらせたいという合図でもあるので、それ以上は引き伸ばさないほうがいいですよ。

おわりに

LINEなら、普段は言いにくいことも言えたりする、というメリットがあります。

その利点を活かして、好きな男性にドキッとさせるような言葉を送れたら、恋が動き始める可能性だって出てきますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)